無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

36,120
2019/06/23

第6話

コネシマ×ショッピ
*メンバーシェアハウス
コネシマ
コネシマ
ただいまー
ショッピ
ショッピ
おかえりなさい
コネシマ
コネシマ
あれ?ショッピくん一人なん?
ショッピ
ショッピ
いや、みんな居間におりますよ
おれ風呂上がったところなんであとコネさん入ってください
コネシマ
コネシマ
おーありがとうな
パタン
コネシマ
コネシマ
あーいい湯だったー…
階段を登って二階のショッピの部屋を開けるとショッピはベッドの上で本を読んでいた
コネシマ
コネシマ
ショッピくーん俺の疲れとってくれへん?
ショッピ
ショッピ
いや、なんすか急に入ってきて…
コネシマ
コネシマ
いやあなんかな最近してへんなぁって思っててん。
そろそろええんちゃう?
ショッピ
ショッピ
別にそんなことしなくてよくないすか…
そもそも気分じゃないし、下にみんなおるんすけど…
コネシマ
コネシマ
別にええやん声抑えながらやるのとか興奮せえへん?
コネシマがベットに上がりショッピに迫ってくる
ショッピ
ショッピ
ちょっ、待ってっ
コネシマがショッピの首元を舐める
ショッピ
ショッピ
ふぁっ
コネシマ
コネシマ
ふふ、やる気になった?
ショッピ
ショッピ
っ〜〜〜!(///
勝手にしてください!
コネシマはショッピを押し倒した

















コネシマ
コネシマ
足腰立たんなるまで突いたるわ
--------------------------------------------------------------------
翌朝
トントン
トントン
昨日はお楽しみやったようでーw
鬱先生
鬱先生
ショッピくんって思ってたより声出るんやなw
ショッピ
ショッピ
…クソ先輩が…(///