第4話

王子
はい、こんにちはー!
マリア・レティシス。十歳です☆
執事のフェルエスと義弟のウィルが来てから一年、特に乙女ゲームの重要キャラに出会う事もなく、平和に過ごしてきました!
それでね、今日はお茶会があるんですよー
王子の婚約者を決める、ねぇ。
嫌だあぁぁぁぁぁあ!
いや、ゲーム開始時にマリアと王子のジルアールは婚約者だったわけで!
フラグに近づく訳ですよ!
………うん、こりゃ大人しくしとくしかないな。
と、ご令嬢達が集まる会場で他のご令嬢とは違う意気込みをしている私ですが。
壇上に王子様が居るわけで。
よし。抜け出そう。
てなわけで、抜け出してきました~
………ここどこ?
ちゃんと回り見てから来るんだった………
ジルアール・クライト
ジルアール・クライト
………君は?
マリア・レティシス
マリア・レティシス
うわあぁっ!
ジルアール・クライト
ジルアール・クライト
ビクッ
マリア・レティシス
マリア・レティシス
あああすみませんすぐ戻るので
ジルアール・クライト
ジルアール・クライト
君、公爵家の………?
マリア・レティシス
マリア・レティシス
あ、はい
突然現れた王子に目を白黒させていたら……
ジルアール・クライト
ジルアール・クライト
君、面白いね
マリア・レティシス
マリア・レティシス
へ!?
思いがけない事を言われた。
ジルアール・クライト
ジルアール・クライト
みんな____
エリザベス・フライト
エリザベス・フライト
ウウッ、グスッ……ヒック
マリア・レティシス
マリア・レティシス
ん?ちょっとお黙りになってもらえます?
周りを見回すと、泣いている少女がいた。
マリア・レティシス
マリア・レティシス
ど、どうしたの?
エリザベス・フライト
エリザベス・フライト
グスッ…………皆………私より優秀で………ヒック
マリア・レティシス
マリア・レティシス
落ち着いてね。落ち着いて話して?
エリザベス・フライト
エリザベス・フライト
は、はい………
エリザベス・フライト
エリザベス・フライト
み、みんなに………私は他の姉妹よりできが悪くて駄目なやつだって言われて……
マリア・レティシス
マリア・レティシス
そんなの気にしないでいいのよ!
エリザベス・フライト
エリザベス・フライト
で、でも…………
マリア・レティシス
マリア・レティシス
そんなの貴族間ではよくあるわ!貴女が可愛いから嫉妬してるのよ!
エリザベス・フライト
エリザベス・フライト
あ、……………ありがとうございます………
ジルアール・クライト
ジルアール・クライト
プッ
マリア・レティシス
マリア・レティシス
へ?
吹き出した声が聞こえて振り向くと、腹を抱えて大爆笑する王子が居た。
あ………王子のことほったらかしにしてた!?
ヤバイ!?これって王子に無礼を働いたってことで罪にならないよね?
王子はひとしきり笑ったあと、半笑いのままこう言った。
ジルアール・クライト
ジルアール・クライト
いやー、僕のこと王子として扱わないんだね?お黙りになってくださいます?なんて言われたの始めてだ。君、やっぱり面白いや。
マリア・レティシス
マリア・レティシス
も、申し訳ありません?
ジルアール・クライト
ジルアール・クライト
なんで疑問形なのさ?まあ、いいや。君達は迷ったのかな?
マリア・レティシス
マリア・レティシス
は、はい…………
ジルアール・クライト
ジルアール・クライト
じゃあ、会場へ案内しよう。
マリア・レティシス
マリア・レティシス
アリガトウゴザイマス
詰んだ………これ悪役云々の前に不敬罪で捕まる系?
それとも、面白くて気に入った的なことで婚約者決定、とか?
どちらにしろ詰んだ☆
………いや、冷静な王子の事だ。うん。……私に見向きもしていないだろう……………うん……
お願いしますそうであって下さい
ジルアール・クライト
ジルアール・クライト
___婚約者は、レティシス家の、マリア・レティシス嬢です。
____詰んだね。………………詰んだね!
ゲームに一歩近づいたね!
………悪役とかマジ無理です!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
明けましておめでとうございます!今年もよろしくお願い致します!m(__)m