第2話

義弟
………と、思い出しましたよ。女神様。だけどね………
何で転生先が悪役令嬢なんですか…………!!!
そう。私の前世、花本 美月が転生したのは、私、マリア・レティシス。
『華のような君へ』略して『華君』の悪役令嬢………
女神様ぁ…………
エリー
エリー
………!お嬢様、目が覚めましたか?
マリア・レティシス
マリア・レティシス
あ、………はい………
エリー
エリー
お、お嬢様が敬語を………!?ボソッ
聞こえてるからね…………
エリー
エリー
奥様!旦那様!お嬢様が目を覚まされましたよ!
お母様
マリア!大丈夫!?
お父様
大丈夫か!?
マリア・レティシス
マリア・レティシス
う、うん……
お母様
心配したのよ………!
お父様
目を覚まさなかったらどうしようかと………!!
マリア・レティシス
マリア・レティシス
お、大袈裟だよ……………
マリア・レティシス
マリア・レティシス
ちょっと………一人にしてくれるかな………?
お母様
わ、分かったわ。
そうして、メイド達と執事達、お母様、お父様は、私の部屋から出ていった。
私は、マリア・レティシス………我儘な公爵令嬢。そして、『華君』の悪役令嬢………その末は、国外追放orタヒ亡or処刑or投獄…………
マリア・レティシス
マリア・レティシス
詰んでる………
うん、ちょっと落ち着こう。ゲームが始まるのは13歳。つまり、中1から。
まだ8才。五年間で目立たないように良い子にしてたら………そして、ヒロインを虐めなければ大丈夫!
その第一歩に………
マリア・レティシス
マリア・レティシス
入ってきていいよ。
メイドに執事、お母様にお父様が部屋に入ってくる。
そして、私は、そっと正座し………
マリア・レティシス
マリア・レティシス
今まで迷惑かけてすみませんでしたあぁぁぁ!
土下座した。
メイド
お、お嬢様!?
エリー
エリー
ま、まだどこか悪いんじゃ………
マリア・レティシス
マリア・レティシス
いいえ。傷は大丈夫よ。けど、これを機に、私、いい子になる!今まで我儘言っててごめんなさい!
エリー
エリー
お嬢様…………
お母様
マリア………!
お父様
マリア………!
エリー
エリー
………謝って下さるのなら…………
マリア・レティシス
マリア・レティシス
ありがとう、エリー!
こうして、私が記憶を取り戻した日は終わった。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
よし。頭を整理しよう。
マリア・レティシスは、『華君』の悪役令嬢。国外追放orタヒ亡or処刑or投獄。
昨日、こけて運悪く岩に頭を打ち付け、その際記憶を取り戻した。
あらゆるルートでヒロインの邪魔をし、断罪される。
この国、クライト王国の王子、ジルアール・クライトルートでは、ハッピーエンドの場合は断罪され投獄。バッドエンドでは、ヒロインと崖でもみ合いになり崖から落ちタヒ亡。ヒロインとジルアールは結ばれず。
そして、マリアの義弟の、ウィル・レティシスルートの場合は、ハッピーエンドは同じく投獄。バッドエンドは義弟を取られたような複雑な心境からヒロインが寝ている間にヒロインを殺そうとし、ウィルに見つかり断罪され処刑。ヒロインとウィルは結ばれず。
レティシス家の執事の子供、フェルエス・アリアルートの場合はハッピーエンドは断罪され国外追放、バッドエンドは断罪され投獄。ヒロインとフェルエスは結ばれず。
そして最後に、ヒロインと同じ平民出のスカールートの場合は、ハッピーエンドでは犯罪スレスレの嫌がらせをしていたマリアが断罪され投獄、バッドエンドではマリアが気に入っていたというスカーを取られたと崖でもみ合いタヒ亡、つまり、ジルアールルートと同じ。ヒロインとスカーは結ばれず。
と、言うように………
マリア・レティシス
マリア・レティシス
見事にバッドエンドしかないな…………
ん?そう言えば………マリアの義弟、ウィル………
マリア・レティシス
マリア・レティシス
義弟が来るのって確か………マリアの9歳の誕生日じゃ………!?
どうしよ………強制が働いて、姉ちゃんなんて大っ嫌い!なんて言われたら………
考えただけで無理………
と言うか、ウィルは、目の色で差別され、信用していたご両親が他界してしまって、うちに引き取られて、そこでマリアに意地悪をされ、心を完全に閉ざしてしまったところをヒロインが救い出す……って感じだったわね………
それじゃ、意地悪せずにとことん甘やかせば良いじゃない!
うんうん、それでいきましょ!
~~一年後~~
エリー
エリー
お嬢様、おはようございます。
マリア・レティシス
マリア・レティシス
うん、おはよう!
今日はついに義弟が来る日………の、はず!
コンコン
マリア・レティシス
マリア・レティシス
はーい!
お母様
マリア、今日はね、マリアに伝えたい事があるの。
マリア・レティシス
マリア・レティシス
どうしたの?
お父様
今日、マリアの義理の弟が来るんだ。
マリア・レティシス
マリア・レティシス
義理の弟?
知ってるけど………知らない振りをする。
お父様
そう。ウィンストン家の一人息子なんだけどな、ご両親が他界してしまったらしくてな、うちが引き取ろうということになったんだ。
お母様
仲良くできる?
マリア・レティシス
マリア・レティシス
うん!
中身20歳の大人が子供の振りするってちょっときついんだよね………
お父様
入っていいよ。ウィル。
ウィル・レティシス
ウィル・レティシス
…………はい。
俯いた少年が入ってきた。
ウィル・レティシス
ウィル・レティシス
…………ウィル・ウィンストンです。
お父様
今日からウィル・レティシスだぞ。よろしくな。
ウィル・レティシス
ウィル・レティシス
………はい
マリア・レティシス
マリア・レティシス
マリア・レティシスよ。今日から貴方の義姉よ。よろしくね!
ウィル・レティシス
ウィル・レティシス
はい。マリア様
マリア・レティシス
マリア・レティシス
駄目!
ウィル・レティシス
ウィル・レティシス
へ?
マリア・レティシス
マリア・レティシス
駄目!姉さんって呼んで!
ウィル・レティシス
ウィル・レティシス
え、………
マリア・レティシス
マリア・レティシス
今日から家族なのよ?マリア様なんて他人行儀な呼び方なんて駄目だからね!
ウィル・レティシス
ウィル・レティシス
はい………ね、姉さん………
ウィルが言ったとたん、ウィルをぎゅうっと抱き締める。
マリア・レティシス
マリア・レティシス
可愛い~~私、弟が欲しかったの!
お母様とお父様は微笑ましそうに見ている。
ウィル・レティシス
ウィル・レティシス
ね………姉さんは…………
マリア・レティシス
マリア・レティシス
ん?
ウィル・レティシス
ウィル・レティシス
僕が、怖くないの?気持ち悪くないの?
マリア・レティシス
マリア・レティシス
何でウィルの事を怖がらなくちゃいけないの!
ウィル・レティシス
ウィル・レティシス
……皆、僕の目を怖がる。気持ち悪がるんだ。皆と違うから。
マリア・レティシス
マリア・レティシス
そうかしら?むしろ綺麗な目で羨ましいわ。
そういうと、ウィルは泣き出してしまった。
マリア・レティシス
マリア・レティシス
ど、どうしたの?大丈夫?
ウィル・レティシス
ウィル・レティシス
………嬉しくて……皆、僕を避けるから………
マリア・レティシス
マリア・レティシス
…………大丈夫よ。これからは私が側に居る。ずっと一緒だからね!
ウィル・レティシス
ウィル・レティシス
………あり、がと…………
その後、しばらくウィルは泣き続け、そのまま泣き疲れて眠ってしまった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ちょっと長かった?
マリア・レティシス
マリア・レティシス
まぁ、
ウィル・レティシス
ウィル・レティシス
いつもよりは?
もう息ピッタリだね。
ウィル・レティシス
ウィル・レティシス
姉さん大好き!
マリア・レティシス
マリア・レティシス
ありがとう!私も好きよ!ウィル。
美しき姉弟愛………
では、ありがとうございました!