無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

とぅえんてぃぃぃえいとっ!!!




− Y O U s i d e −





めんどくさ、早く言ってよ。







岩橋 「その首。なにしたの?」





やっと言われたと思えばそれ!!?





『え、みんなこれ言いたかったの?

で、なんで海ちゃん問い詰められたの?

あ、これは火傷だけど 、、』






あなた、海ちゃん以外 「はぁ!!!?」






永瀬 「え、嘘やろ?心配した意味は?」



平野 「ったく~ みんな早とちり~」



神宮寺 「ややこしい!!笑」



岩橋 「まあ、手つけられてないならいいや~」



岸 「あー、もう!!悩んだ時間!!」





『えと、、ご、めん??

なんであなた怒られたと?』








永瀬 「今から収録やのに

首元にそんなんやっとるからやん」






『っ、、ふふっ、ははっははははっ、、

いひひっ、、っ、、腹筋痛い 笑

あははははっ 、、っふぅー、、 はははっ、』







永瀬 「なにがそんなにおもろいねん!!」






『せやかて、今回首あり服やもん 笑

生地と肌擦れたら痛いやん?

やけん、見えても可愛いし擦れない

万能絆創膏貼ったわけ。』





K & P − あなた 「はぁ!!!?」






岩橋 「心配した意味、、」




永瀬 「もう嫌いやわ。」







『勝手に勘違いされた上に嫌いって、、

ないわー、私も廉嫌いやし。』










その後あなたとレンナガセの仲直りは






次の日の夕方だったとさ ___














あ、収録中はちゃんとお話ししたよ?