無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

さぁてぃぃぃふぁいぶっ!!




〇〇 「話知ってんなら早いわ。

俺、まだこいつのこと好きなんで、

こいつ、くんないすか??」




平野 「こいつ、って、物じゃないんで、あなたは 」



〇〇 「これ、別れる時なんていったと思います?

もう、好きじゃない。ごめん 、

ですよ?」



ぐうじと、玄くんが見てきて、


神宮寺 「ちょーっと退出しますね。あなたと一緒に」



岩橋 「んじゃあ、失礼します、〇〇さんっ ♪」




〇〇 「あ、おいゴルァ、逃げんのか?」







− s h o s i d e −




じんたちが出てってからも〇〇さんは出てかない



なんなんだかなぁ。




平野 「とりあえず、しつこいとうちのマネ

呼びますよ??」



永瀬 「ほんまやで、」


俺と廉で〇〇さんを説得してると、






岸 「あ、△△さんー?

あのさ、なんだっけ、俳優?だっけ

の〇〇▲▲さんって知ってる?

あー!そそそ!!そのひとっす

あ、はい、お願いしゃすっ」





〇〇 「は?おいお前!誰に連絡してんだ?!」



岸 「え?マネージャーの△△さんっすけど」




〇〇 「なんでマネに言ってんだよ 笑

あー、でもちょうどいいわ、挨拶したいし」




あ、岸くんやらかしたなぁ。


余計めんどくさくなりそ、、




と思ったら、岸くん後ろで手組んでて、


画面に文字が書いてある。








" 連絡はしてない… けど、そろそろやばい "







してないのか、、 やばいって、?え、






と思ってドアの方を見るとマネさん、


スタッフさん、〇〇さんのマネさんが覗いていた。




〇〇さんのマネさんは、うちのマネに全力で



謝罪してるように見える。




楽屋にいる〇〇さん以外は気付き、



外にいるやじまう?組も俺らが気付いたことに
(本当は野次馬です 。)

気付いている。





〇〇のマネさんが口パクで、


" いいたい事いってやって "



といった。






それを見て言おうと思ったら、、




先に行ったのは、、









海人 「そろそろ本当に出てってくれません?」










海人だった ________________




















やじまう はわざと間違えてます!