無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

ふ ぉ ぉ ぉ う っ
平野 「な、なんて格好してるの!?」


『し、しし仕方ないじゃん!!』


海人 「何叫んでるn…

えええええ!?」


神宮寺 「うるさいんだけど?

お、あなたの服えろいね」
コンコンしてきたのは平野でした。


そしたらみんな騒ぐから隣からみんなきた。


ほんとうるさいねんけど。


『ぐうじくん。エロいとか言わないで

そしてみんな騒がないでよ…』


岩橋 「岸くんなんて固まったからね笑」


『もお、岸くん!!』


岸 「さっせ!!」


神宮寺 「だってえろいじゃん??」


平野「騒いだのはごめんだけどさ、うん。」











あ、そういえば今日…


Jr.東京ドームじゃんね。


お金払ったのに見るの


忘れちゃうとこやったわ 。









『あ、そいえばさしょう、れん。』


平野 「はいはーい?」


永瀬 「なんやー?」


『今日、ご飯いこー?』


海人 「え、カイはー??」


『だって海ちゃんとPrinceお仕事なんだ

もん。だから…こんどいこ!!』


髙橋 「行くぅ〜!」
海ちゃんはかわよい。


わたしの家で3人で見よ。


Jr.祭 。











『私の家でいい〜?』


平野 「おう!」


永瀬 「ええで〜」


『ありがとう!』













スタッフ 「そろそろ撮影始めまーす!」


K & P 「はーい!!お願いします!」