無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

と ぅ ぅ
『おはようございます!!』


平野 「おはようございます!!」



今日ね雑誌の撮影なの。


朝 5時 なうですよって。


ねむみちゃんです。


平野も寝起きっぽいから機嫌悪いし。

ぐうじも寝起きだから機嫌悪いし。

永瀬はまだ来ないし。

たかいとは玄くんといちゃいちゃしてるし。

岸くんは音楽聴いて真顔なってるし。




私は何をすべきなのだろうか 。 (



永瀬 「おはようございまーす」


『れんれん ~ !! 遅いんだよばーか』


永瀬 「んえ、今日は甘えたさんなのか~??」


『別にそーゆーのじゃないけど遅い。』


永瀬 「(周囲を見て察する)ほんまごめんな~」


『ばかれん。構えやこら』





察してくれる永瀬はほんとに神。


時間が経ってから


じくひらの機嫌もよきくなりはじめ


私とれんがいちゃいちゃ(?)してて


じぐれんだけじゃなく、


いちゃいちゃしてた玄くんと海ちゃんまで


怒ってきました 。(れんに。)




スタッフ 「じゃあ、そろそろ準備

お願いしまーす!」




K&P 「はーい!!」














こうして 一日がスタートする。