無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

と ぅ り ぃ ぃ
『え、この服…』
私の今来てるの、黒の透けてるシャツに、



膝丈15センチぐらいのスカート。



メンバーいなくてよかっt …



そう言って私の着替えに使う第2の楽屋

的なのとがあるんだけど

ノック無しで入ってきた


『バカ永瀬!!!入る時はノック!!』


永瀬 「ごめんごめんって!てかなんやこの服」
『私も聞きたいわ。』


永瀬 「しょうとかに怒られるか

襲われかるか(え」


『ほんとにありそうだからそーゆうこと言うな』


永瀬 「まぁええやん笑」


『最低やな笑』



コンコン )




『どっかの誰かと違ってノックなったわ笑

はーい!どうぞー?』

入ってきたのは …