無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

さぁてぃぃん
しょうれんが上がってきて、

お布団敷いてまするるる。




永瀬 「おい、くまちょ!」


『なんだよながちょ』


平野 「えいっ」









平野ちょが投げてきたもの …


それは








ま く ら






『まくら投げないでよ〜!』


平野 「久々にやろーぜ!!まくら投げ!」


永瀬 「明日、撮影やで?」


『ほんとそれな!』


平野 「少クラだよ!!?」


『だからなに、さっ (まくら投げる』


永瀬 「おいこらあなた!」





そういってしょうにまくらを投げつける…





近所迷惑だろーな。




とりあえず、夜中の2時くらいまで



枕投げしてましたとさ。



















作者です
ほんとに更新遅くなってすみません…
学校始まってから書く時間なくて…
これからも呼んでいただけると嬉しいです!!


で、この先どうしようか迷ってるので、
出して欲しいジャニーズさんコメ欄に描いてってください!
Jr.でもデビュー組でも!!
出来るだけスルー禁止でお願いします