無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

さぁてぃぃぃぃん!!!



じぐいわと合流して、


都内のショッピングモールへ 。





あ、がっつり変装してるんで安心してください。













でも、なんかおかしい。


廉に誘われることなんて早々ない。














『なんか、あった?』







あ、しまった、聞いちゃった …






神宮寺 「ん、ばれた?」



岩橋 「まぁ、あとでゆっくり話そ」



永瀬 「ほんまそーしよーや」





で、そのあと1時間半くらい服屋さんとか見て




車に戻りましたあ 。











岩橋 「じゃあおはなししましょーかね。」




『わるいこと、??』





神宮寺 「んー、わるいっちゃあ悪いかも」





永瀬 「インスタのストーリーのこと。


なぁ、〇〇 ▲▲ さんと付き合っとるん?」








『… は??』








それは有名な若手俳優さんで、

以前共演経験もある方だった。




が、なんでその発想に至っているのだろうか 。