無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

542
2021/06/14

第13話

12話




五条side


ピンポーン


悟)、、、、


ピンポーン、ピンポーンピンポーンピーポンピーポンピンポーン



悟)チッ!何ででねぇんだよ!


ガチャ、、、開いてる、、、、



悟)入るぞ~

!?

そこには

!!!!



あなた)さ、とる?



悟)七雅星!?



真っ青な顔して苦しそうな七雅星



あなた)ワ、タシ、祓っちゃった、、、助けてって、いってたのに
、私、消しちゃった



!!


あなた)三葉にもまた迷惑かけたし、、、、
全部、全部私のせいだ!!



悟)それはチゲぇ!



あなた)何が違うの!?もしかしたらどっちも殺してたかも知れないし!
私が祓えないから、、普通に、祓えないから、、、、



あなた)私が、私がいけない、私が祓えないから
みんな、みんな、おいてくの?いやぁァァァァ!!!!



チッ!パニック起こしてやがる!





あなた)いやぁァァ!私を、私を一人にしないでよぉ!涙



ギュッ



悟)落ち着け!お前は悪くねぇ!
そして、俺は、俺だけでもお前を一人にしない!!!!



あなた)っ!!!!
ほん、とうに?



悟)あぁ、




あなた)ずっと、私のそばに、いてくれる?
私を、一人にしない?




悟)あぁ、お前とずっとずっと一緒にいてやるよ



あなた)!!!!涙
私をおいて、いか、な、いで、ね



そう言って泣きつかれたのだろう
俺の腕の中で眠ってしまった



高専に戻ろうとしたとき

ゴトッ



何かが落ちた音がした



悟)日記?



ペラペラめくっていると


悟)!?



コイツの過去が書かれていた←8話みたいな感じのが書いてあるよっ


全て読み終わり
俺の腕中にいる七雅、、、、、あなたを


さっきより強く抱きしめた