無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

384
2018/05/01

第2話

天使 舞い降りる
竹内涼真
走るよ!!
あなた

はい!

そう言って走り出そうとした瞬間。
私はつまずいてしまった、、、
あなた

きゃっ!

竹内涼真
っと。
竹内涼真
大丈夫??
あなた

は、はいぃ///

さ、支えてくれた!?
あのイケメン先輩が!?
この私を??
あなた

⁄(⁄ ⁄º⁄Δ⁄º⁄ ⁄)⁄

竹内涼真
どうしたの?
顔赤いよ??
あなた

だっ大丈夫です!

竹内涼真
そっか。
じゃあ行こう!(ニコッ)
ぐはっ!➳ Σ(´□`=͟͟͞͞)♡
なんだこの笑顔!
天使か!
あなた

はい!
いきましょー

色々あった1日目。
なんか楽しかったなぁ

あ、ちなみに私はあのあと怒られました(๑>؂•̀๑)テヘペロ