無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

はは
うぜぇんだよ。
はは
さっさとしね
ちち
このよにおまえなんていらないんだよ
ちち
ばいばぁい
はは
もっといっていいのに笑
はは
そうか?
はは
うん
ちち
しねしね
はは
あなた

うッ,

ちち
こわいこわい笑
ちち
なんだよきめ‐な唸るな
あなた

出ていきます。

はは
それでいいのよ笑
ちち
あっ,ぷれぜんと。
あなた

え?

ちち
どうぞ笑
いちえんだまをわたされた。

これが,最初で最後のちちからのぷれぜんと
だった。
あなた

ありがとうございます。

はは
これでいきていくんだね笑
ちち
がんばれよ。ごみ
あなた

は,はい。

はは
じゃぁでてけ。
ちち
わかりました。はどうした。
あなた

わかりました。

このときの私は今からしぬんだと,
そうおもっていた.