無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

9話
以外とあいつも楽っそうにしていた。それは嬉しいのだが………
五条悟
(俺!全っ然話せてね〜!!!)
前みたいに楽しく話して遊ぶために誘ったのに……
五条悟
(硝子に……相談するか……)
五条悟
おい、硝子。……俺、全然あいつと喋れてねーんだが……。どうしたらいい……
家入硝子
あ?何で小声なんだよ
五条悟
シ〜!!!目的聞かれたくね〜んだよ!!!
あなた
どうしたの?
家入硝子
………。あ…っと……何でもないよ、
五条悟
ほら見ろ
家入硝子
協力してあげてるの、
だあれ?(圧
五条悟
ショウコサンデス
家入硝子
よろしい
家入硝子
んで、どうしたらいいのかって?
五条悟
ああ、このままじゃ今日誘った意味ねーもん
家入硝子
なら、あれ乗れば?
そう硝子が指し示した場所は…














































観覧車だった。