無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

プロローグ
442
2020/07/02 22:56
私はずっと、、、バスケをしていた
モブ
紬!
パスッ
紬(幼少期)
紬(幼少期)
OK!
ダンダン
モブ
行かせない!
紬(幼少期)
紬(幼少期)
ア゙?
紬(幼少期)
紬(幼少期)
君に俺は止められない
キュキュットンッ
ドサッ
モブ
ッ!
ドンッ
ピーッ
紬(幼少期)
紬(幼少期)
、、、
モブ
ガタガタガタ
バスケはとても楽しかった、、、






































あの日までは
紬(幼少期)
紬(幼少期)
よろしくお願いします!
この日はお兄ちゃんが応援に来てくれた
ピーッ
タタタ
タンッダンッ!
お兄ちゃんがいたから最初からダンクを決めた
でも、ここから歯車が狂った
タタタ
紬(幼少期)
紬(幼少期)
、、、(あれ?誰も来ない)
クルッ
モブ
、、、
紬(幼少期)
紬(幼少期)
(ああ、本気、、、出し過ぎちゃった)
モブ
皇帝、、、ボソッ
ピーッ
136―0
それからバスケが楽しくなくなった
どうパスするのかも協力するのも、、、忘    た
紬(幼少期)
紬(幼少期)
、、、
治
ムギ、そろそろご飯食べよ?
紬(幼少期)
紬(幼少期)
今日は、、、いいや
侑
今日はって毎日やん
紬(幼少期)
紬(幼少期)
、、、
治
俺らはムギのバスケ好きやで
紬(幼少期)
紬(幼少期)
、、でも、もうどうやってパスしてたのか協力してたのか、、、忘れちゃったよ
治
でも、
紬(幼少期)
紬(幼少期)
でもやない!
紬(幼少期)
紬(幼少期)
私が本気出したらみんなが諦めるの
紬(幼少期)
紬(幼少期)
楽しくないの
紬(幼少期)
紬(幼少期)
寂しいの
侑
、、、
紬(幼少期)
紬(幼少期)
キッ
紬(幼少期)
紬(幼少期)
あんた達は良いよね!
紬(幼少期)
紬(幼少期)
同じ位の人と出来て!
紬(幼少期)
紬(幼少期)
毎日楽しくて!
紬(幼少期)
紬(幼少期)
でも、私はそんなの無かった!
紬(幼少期)
紬(幼少期)
ハァハァ
紬(幼少期)
紬(幼少期)
!あ、ごめっ
侑
サム、行こ
治
おう、、、
侑
チラッ
紬(幼少期)
紬(幼少期)
、、、
お兄ちゃん達の目は、、、軽蔑と同情と

































呆れた目をしていた