無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

356
2020/07/04 00:20
紬
行ってきます
誰も居ない部屋に挨拶をする
キュキュッ
ドンドンッ
紬
、、、
バスケなんか嫌いだ、、、でも

























古びたバスケットボールだけは
                                             捨てられなかった
紬
、、、
ガラッ
紬
おはようニコッ
モブ
おはよう!
私は、今日も偽りの自分を演じる
友達想いで優しい、、、そんな完璧な少女を
ギヤーッギャーッ
紬
、、、
侑
なんで起こしてくれんかったん!
治
自分が起きんかったのが悪いやろ!
紬
(仲良いな、、、)
あの日から私達は一言も話していない
紬
(私の存在なんて、、、忘れてるよね)
千菜
千菜
つーむーぎ!
紬
ちーちゃん!
千菜
千菜
お願いがあるんだけど、、、聞いてくれる?
紬
いいよ
千菜
千菜
バレー部のマネしてくんない?
紬
、、、え?
紬
バレー部、、、ちーちゃんが居るじゃん
千菜
千菜
人手が足んないの!
千菜
千菜
お願い!
紬
いいよニコッ
体育館
千菜
千菜
こんにちは!
紬
こんにちは
その子が新しいマネ?
紬
はい!
紬
紀 紬っていいます!
千菜
千菜
(あれ?苗字が違う、、、まあ、いっか!)←バカ
俺は
信介
信介
北信介や
信介
信介
よろしゅうニコッ
信介
信介
みんな集まれ!
稲荷崎
稲荷崎
はい!
紬
紀 紬っていいます!
紬
よろしくお願いします
宮ツインズ
宮ツインズ
(紬、、、?)
千菜
千菜
着いてきてね
紬
おん
ーーーーー
紬
スポドリどーぞ
信介
信介
おおきに
侑
なあ
紬
ビクッなんですか?ニコッ
侑
お前、、、いや、なんでもないわ
紬
?はい
侑
(やっぱりちゃうよな、、、性格も目の色もちゃう)