無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

ななみんとの会話


只今の時刻午後5時を過ぎた







さっき、まいやんとなぁちゃんが私に、検査とかするのに、私が、暴れすぎたら、飛鳥ちゃんと、ななみんっていう人が手伝いに来てくれるんだって、





でも、まいやんとなぁちゃんが私の為思って言ってくれてるのなら、素直に聞き入れよう
と思っていたら、


コンコンコン

と音がした、
(なまえ)
あなた
はーい
橋本奈々未
橋本奈々未
あなたちゃん
入ってもいいー?
(なまえ)
あなた
いいよ
橋本奈々未
橋本奈々未
あなたちゃんが、暴れてしまったときに、手伝いに行くってまいやんから聞いたと思うけど、飛鳥ちゃんと私で行くね、

改めて、初めまして、私は、橋本奈々未と言います、
ななみんって呼んでね!

(なまえ)
あなた
うん、
ななみんよろしくね!
橋本奈々未
橋本奈々未
(はぁぁ…可愛すぎる)
橋本奈々未
橋本奈々未
じゃあ私は、これで帰るね

橋本奈々未
橋本奈々未
じゃあね!また
(なまえ)
あなた
ななみんバイバイ(*^-^)ノ
と言って、ななみんは帰っていった