無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

(๑'ᴗ'๑)
なぁちゃんとななみんは、ナースステーションから近い私の部屋にきた、、
西野七瀬
西野七瀬
まいやん~
ななみん連れてきたよー
白石麻衣
白石麻衣
ありがとうー
なぁちゃん
白石麻衣
白石麻衣
ななみんもごめんね💦
橋本奈々未
橋本奈々未
全然いいよ!
丁度時間あったし
白石麻衣
白石麻衣
あなたちゃん
じゃあしよっか
(なまえ)
あなた
うーん……嫌やぁ
西野七瀬
西野七瀬
ちょっとだけ、頑張ろう?
西野七瀬
西野七瀬
ほら、ななみんも居るよ?!
橋本奈々未
橋本奈々未
一緒に頑張ろう?
(なまえ)
あなた
うん…じゃあちょっとなら
といいました
そして、私は、ベットに座ってる状態で
まいやんが、
白石麻衣
白石麻衣
寝転んでする?
と聞いてきました、
(なまえ)
あなた
どっちでもいいかなぁ…………
白石麻衣
白石麻衣
じゃあ、寝転んでしよか
と言われ寝転びました、
そして、まいやんが
点滴セットを開け、針を出してました
そして、
西野七瀬
西野七瀬
じゃあちょっと抑えるで
と言い、なぁちゃんは、点滴する方の腕を抑えた
橋本奈々未
橋本奈々未
ちょっとごめんねー
と言って、ななみんは、点滴しない方の腕を肩を抑えられ、
まいやんが
白石麻衣
白石麻衣
暴れなかったら、後で良いことあるかもよ
白石麻衣
白石麻衣
ちょっと痛いけど頑張れ
と言い、ななみんとなぁちゃんと目で合図を取り
私の腕に針を刺した
私は、まいやんにいわれたことを決して忘れなかった、




頑張ったら良いことあるかもと言われたことを


私は、暴れないでいようと思い自分なりに頑張った、





でも、ちょっとだけ、ななみんに抑えられてる腕に力が入りちょっとだけ、動いてしまった、




でも、それ以外は動きは、しなかった、
そして、点滴が終わり、ガーゼとテープでぐるぐる巻きにした、
私は、まいやんに
(なまえ)
あなた
良いことあるかもって言ったけどこんなこと?
白石麻衣
白石麻衣
聞きたい?
(なまえ)
あなた
うん!聞きたい!
白石麻衣
白石麻衣
私が遊んであげます!
ご褒美に!

熱が下がったらな?!
(なまえ)
あなた
やったーーーーーーーーー!!


じゃあ、熱一生懸命下げる!
西野七瀬
西野七瀬
よかったな~
橋本奈々未
橋本奈々未
熱あるのにそんな元気よく出るなぁ笑
白石麻衣
白石麻衣
じゃあまた後で来るね!
何で遊ぶか決めといてよ

(なまえ)
あなた
はーい!
と言って、まいやんは、部屋から出て行った
西野七瀬
西野七瀬
あなたちゃんよかったな~

じゃあ、熱下げてまいやんに遊んでもらいな
橋本奈々未
橋本奈々未
大人しくしとかな熱下がらんよ~

じゃあ、私もまた来るね!
橋本奈々未
橋本奈々未
じゃあねー!
西野七瀬
西野七瀬
バイバイ~
(なまえ)
あなた
バイバイ~
ななみんとなぁちゃん😊
と言って2人は、出て行きました



2人が出て行った後、私は、まいやんと遊ぶために、ベットに横になって、乃木坂のDVDを見てました、