無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

口からカメラを入れる検査が終わり、あなたは、薬から覚めるまで寝転んでた、








大体30分くらい寝転んだ…















そして、近くにいたなぁちゃんが、
西野七瀬
西野七瀬
あなたちゃんじゃあ、次のやつやろっか
西野七瀬
西野七瀬
じゃあ、みさちゃんたち呼んでくるから、待っといてよ
(なまえ)
あなた
ハーイ(^O^)/
(なまえ)
あなた
(たしか、次痛いやつやん、今しか逃げるチャンスないよなぁ、今なぁちゃんが行ったら、トイレに逃げよう)
西野七瀬
西野七瀬
じゃあすぐ戻ってくるから、
といって、なぁちゃんは、出ていった、









なぁちゃんが出て行ってからすぐ、あなたは逃げるのに、靴を履いた、










そして、ゆっーくりと、扉を開け、少し、中腰になり、しゃがんで、歩いて行った、








~ナースステーション~
西野七瀬
西野七瀬
まいやん~
白石麻衣
白石麻衣
はい~!
あっ、もう薬から覚めた?
西野七瀬
西野七瀬
うん!
だから呼びにきてん
西野七瀬
西野七瀬
ななみんとみさも、お願いね、
橋本奈々未
橋本奈々未
はーい!
衛藤美彩
衛藤美彩
おっけ~










私は、とにかく歩き続け、最大の難関な場所に着いた、









その場所とは、ナースステーションだ、








その頃丁度なぁちゃんたちとは、入れ替わりになっていたのだ…








そして、ナースステーションをすこし、のぞき、なぁちゃんたちが居ないことを確認した、







その頃、検査室では、
西野七瀬
西野七瀬
あなたちゃんお待たせ~って、おらへんやん!
衛藤美彩
衛藤美彩
また、逃げたなあ
衛藤美彩
衛藤美彩
飛鳥に電話かけよか、
さっき、ナースステーション居ったし
プルルル
齋藤飛鳥
齋藤飛鳥
はい!
衛藤美彩
衛藤美彩
あっ、飛鳥!今ナースステーションいる?
齋藤飛鳥
齋藤飛鳥
うん!いるけど、あっ、もしや、あなたちゃんやろ?
衛藤美彩
衛藤美彩
うん、そう笑正解
衛藤美彩
衛藤美彩
骨髄の検査するねんけど、逃げてしまって
齋藤飛鳥
齋藤飛鳥
分かった!!じゃあ、かっきーとか、えんぴーと与田もここに居るからいっとく!
齋藤飛鳥
齋藤飛鳥
見つかったら、電話する
衛藤美彩
衛藤美彩
ありがとう、
ガチャ
齋藤飛鳥
齋藤飛鳥
えんぴーとかっきーと与田よく聞いてやー
齋藤飛鳥
齋藤飛鳥
あなたちゃんが逃げたらしいから、見つけたら、すぐ電話して
賀喜遥香
賀喜遥香
はい!
遠藤さくら
遠藤さくら
分かりました
与田祐希
与田祐希
はい!
そして、私は、そんな話があったとも知らず、ゆっくり~音立てずにナースステーションの壁のきわにそって、歩いてたら、後ろから、
賀喜遥香
賀喜遥香
あっ!あなたちゃんやん!こんなところで何してんの?
(なまえ)
あなた
えっっと、あの、あの、トイレに行きたい
さきいくね、じゃあね!
と言って、猛ダッシュで走ったが、
齋藤飛鳥
齋藤飛鳥
逃げようとしてもむだやわ笑
と言われ、飛鳥ちゃんに捕まえられました、
(なまえ)
あなた
あーぁ、あなたトイレに行きたいのに、
なんでそれだけで捕まえるん?
齋藤飛鳥
齋藤飛鳥
絶対ちゃうやろ、検査嫌やったからやろ
齋藤飛鳥
齋藤飛鳥
みさちゃんから電話きたで
(なまえ)
あなた
嫌や~
と言って、走ろうとしたが、飛鳥ちゃんは、あなたのお腹に自分の手を回して、うごかれへんようにしていたのだ…





プルルル
衛藤美彩
衛藤美彩
はいー!
賀喜遥香
賀喜遥香
みさせんぱい!
あなたちゃん見つかりました!
今飛鳥さんが連れて行ってます
衛藤美彩
衛藤美彩
どうも!ありがとう
賀喜遥香
賀喜遥香
いえいえ、
賀喜遥香
賀喜遥香
それでは、失礼します。
ガチャ