無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

あなたは、今、病室から抜け出して、走ってるときに美月ちゃんに捕まえられた、





そして、病室に連れて行かれてる、












山下美月
山下美月
あなたちゃん、もうちょっとでつくよ
(なまえ)
あなた
嫌や~
とあなたは抵抗したが、もう、病室の前だった
梅澤美波
梅澤美波
まいさん!
つれてきました
白石麻衣
白石麻衣
梅ちゃんと美月ありがとう
山下美月
山下美月
いえいえ
山下美月
山下美月
じゃあ、ここで戻っていいですか?
梅澤美波
梅澤美波
山急にごめんね、
ありがとう
山下美月
山下美月
じゃあ、また何かあれば
といって、美月ちゃんは出て行った
西野七瀬
西野七瀬
じゃああなたちゃんしよか
(なまえ)
あなた
あなた点滴嫌!
白石麻衣
白石麻衣
もし、今日検査して、何にも無ければ家かえれるんやで、
梅澤美波
梅澤美波
ちょっとだけ頑張ろ?
(なまえ)
あなた
何にも無ければ、家かえれるん!?
じゃあ、あなた頑張る!
西野七瀬
西野七瀬
よし!
偉いな~
白石麻衣
白石麻衣
じゃあ、しよか、
白石麻衣
白石麻衣
梅ちゃんの膝に座らしてもらい!
(なまえ)
あなた
うん、
梅澤美波
梅澤美波
おいで!
といわれ、あなたは梅ちゃんの膝に座った、そしたら、梅ちゃんは、足で、あなたの足を抑えた
西野七瀬
西野七瀬
ななもちょっとだけ抑えるな~
といわれ、なぁちゃんは、点滴する方の手をおさえた
白石麻衣
白石麻衣
じゃあ、やるね
(なまえ)
あなた
う~~ん………

やっぱり嫌やなぁ
梅澤美波
梅澤美波
ちょっとだけ頑張ろ
(なまえ)
あなた
う~ん…
白石麻衣
白石麻衣
じゃあいくよ
といって、針を刺された
一瞬痛かったがなんとかいけた
西野七瀬
西野七瀬
よし、これでOK
ご褒美やで~
って言って、なぁちゃんは、点滴のガーゼに、どいやさんを、書いてくれた
(なまえ)
あなた
ありがとう!
なぁちゃん
西野七瀬
西野七瀬
いえいえ
梅澤美波
梅澤美波
あなたちゃんよかったな~
白石麻衣
白石麻衣
じゃあ、今8じすぎやから、11時くらいから、別の部屋で検査するからまた、迎えに来るね
(なまえ)
あなた
うん!
白石麻衣
白石麻衣
じゃあ、先行くねー
といって出て行った
梅澤美波
梅澤美波
じゃあ、私もこれで失礼します…
といって出て行った、
そして、病室は、あなたとなぁちゃんだけになった
西野七瀬
西野七瀬
じゃあ、今からあなたちゃんが今日する検査について説明するな
(なまえ)
あなた
うん
西野七瀬
西野七瀬
今日は、口から、小さいカメラ入れて、気管、体のなかを見るねん
(なまえ)
あなた
うん…
それって痛い?
西野七瀬
西野七瀬
あなたちゃんが眠ってる間に終わるから大丈夫やで
西野七瀬
西野七瀬
あと、前に血液検査したとき、少し、異常があったから、今日は腰から血を採る検査もしなあかんねんなぁ
西野七瀬
西野七瀬
ごめんやけど、
腰から血を採るやつは、あなたちゃん喘息持ってるやんか、だから、麻酔使ったらダメやねんな…
(なまえ)
あなた
じゃあ痛い?
西野七瀬
西野七瀬
うん…
結構痛いかも
(なまえ)
あなた
そっか…
西野七瀬
西野七瀬
今日はそれだけ、検査するから、検査して異常なかったら、明後日には退院やけど、
西野七瀬
西野七瀬
もし、なんか異常があったら、まだ入院しとかなあかんねん
(なまえ)
あなた
分かった…
西野七瀬
西野七瀬
じゃあ、まだ検査まで時間あるから、ゆっくりしといていいよ
(なまえ)
あなた
うん
西野七瀬
西野七瀬
また、迎えに来るね
(なまえ)
あなた
はーい
西野七瀬
西野七瀬
バイバイ!
(なまえ)
あなた
じゃあね
といって、なぁちゃんは出て行った



なぁちゃんが出て行ってから、乃木坂工事中の、Blu-rayを見てた













つぎは、なぁちゃんが迎えに来るとこらへんから
です