無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

寝る前
なぁちゃんが夜ご飯下げに来てくれてから、もう約二時間経った、















私は、いつも、家では10時位に寝てるので全然眠たくない、















そう思っていたら、








9時になったところで、アナウンスが入った










(9時になりました。病室の電気を消しましょう)







と流れました、










自分で消すスタイルならもうちょっと起きとこうと思いました、







ところが、コンコンコンと音がしました、







はぁ…なぁちゃん来たんかなと思いました、








コンコンコンとなったので私は、
(なまえ)
あなた
ハーイ
と言いました。
すると
なぁちゃんが入ってきて
西野七瀬
西野七瀬
もう寝る時間やで
と言いました
(なまえ)
あなた
まだ眠たくないで
西野七瀬
西野七瀬
でも、明日から、気管の検査とか、するから、たっぷり寝といた方がええで
と言われました。



明日、眠たいまま検査を受けるのはいやなので、今日はすんなり寝ることにしました、
(なまえ)
あなた
じゃあ、なぁちゃん寝るわ
西野七瀬
西野七瀬
うん!じゃあね!明日また起こしに来るね
西野七瀬
西野七瀬
おやすみ
(なまえ)
あなた
おやすみなぁちゃん…
と、私が言ったら、なぁちゃんは、電気を消して、部屋から出て行きました。