無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

西野七瀬
西野七瀬
はい、じゃあ。まいやんにも手伝ってもらって飲も?
(なまえ)
あなた
いーやぁ
(なまえ)
あなた
あなたのまれへんもん
白石麻衣
白石麻衣
あなたちゃんさ、一瞬で飲み込めば良いと思うよー
(なまえ)
あなた
でも、粉は、のまれへん
西野七瀬
西野七瀬
1回試してみよ?
(なまえ)
あなた
怖くて、口空いとけられへん
白石麻衣
白石麻衣
じゃあまいやんが口空いといてあげる
西野七瀬
西野七瀬
それやったら飲める?
(なまえ)
あなた
うぅん……じゃあ1回だけ試してみる、
西野七瀬
西野七瀬
薬先に薄める?それか、そのまま入れて水を飲むか、
(なまえ)
あなた
薄める
西野七瀬
西野七瀬
じゃあまず。最初。きかんの薬な、
西野七瀬
西野七瀬
ちょっと待ってや、薄めるわ
といって、コップに水を入れて、薬を入れ、スポイドで混ぜた
西野七瀬
西野七瀬
じゃあ。口開けて~
(なまえ)
あなた
あー
西野七瀬
西野七瀬
じゃあ、入れるよ~
って言った瞬間、口を閉じてしまった
(なまえ)
あなた
はぁぁ…やっぱり怖い。
西野七瀬
西野七瀬
まいやんに、手伝ってもらおっか、
(なまえ)
あなた
うん…
西野七瀬
西野七瀬
じゃあもっかい口開けて
(なまえ)
あなた
あーぁ
白石麻衣
白石麻衣
ちょっと、手伝うね~
といって、あなたの顎を下に押し、口が少しの間は開くようにしてくれた
西野七瀬
西野七瀬
じゃあ、入れるよ
そして、スポイドで三滴くらい、口の中に落とした
西野七瀬
西野七瀬
口閉じていいよ
(なまえ)
あなた
ゴックン、
西野七瀬
西野七瀬
どう?
西野七瀬
西野七瀬
いける?
(なまえ)
あなた
うん…もっと薄めて欲しい、
西野七瀬
西野七瀬
もうこれ以上薄めたらあなたちゃんが飲む量多くなるで
(なまえ)
あなた
それでもいいよ、
といい、なぁちゃんは薄め、まいやんに、口を開けるのを、手伝ってもらい…を、何回も何回も続けた、そして、40分たって、やっと、3種類飲めた、
(なまえ)
あなた
ふぅー…
白石麻衣
白石麻衣
あなたちゃんえらかったやん
西野七瀬
西野七瀬
もう、8時前やな、
西野七瀬
西野七瀬
じゃあ、後一時間くらい、自由時間過ごしていいよ
西野七瀬
西野七瀬
また、それから来るから
といって、なぁちゃんは出ていった
白石麻衣
白石麻衣
じゃあ私も行くねー
といって、まいやんも出て行った
なぁちゃんに、自由時間って、言われたから、YouTuberで乃木坂のミュージックビデオをみてた、