無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

なぁちゃんに点滴をされて、それから、あなたはずぅーと乃木坂のDVDを見てました。










只今の時刻、6時を回ったところ、



なぁちゃんは、夜ご飯の時に来るって言ってたけど、まだ来やへんのかな~と思っていたら、なぁちゃんらしき人が歩いてくる音が聞こえた、












そしてコンコンコンとなり、
(なまえ)
あなた
はーい!なぁちゃん?
西野七瀬
西野七瀬
そうやでー
あなたちゃん夜ご飯~
と言って持ってきたのは、
↑これでした。




また、お粥だったので、なぁちゃんに
(なまえ)
あなた
なぁちゃん~ またお粥?
(なまえ)
あなた
あなたもう飽きた
西野七瀬
西野七瀬
ちょっと位がまんしーや
西野七瀬
西野七瀬
明日検査して、問題なかったら、帰れるんやから
(なまえ)
あなた
なら、我慢しよかっな
西野七瀬
西野七瀬
ミカン食べるのは、他のご飯たべてからやで
(なまえ)
あなた
えぇー
先食べたらあかんの~
西野七瀬
西野七瀬
他のご飯たべてたら、食べても良いよ
(なまえ)
あなた
はぁぁい…
西野七瀬
西野七瀬
じゃあ全部たべるんやでー
と言って出て行った、
そして、ご飯を食べてるときに、ちょっと吐きそうになったから、お粥を残して、先にミカンだけ、食べました、





そして、7時くらいに、なぁちゃんが来ました。
西野七瀬
西野七瀬
あなたちゃん~
食器下げに来たよ
そして、あなたの残したお粥を見て、
西野七瀬
西野七瀬
何で食べなかったん?
と聞かれ、気持ち悪いと言ったら、また変なことされると思ったので、
(なまえ)
あなた
あなたなお腹いっぱいやってん
西野七瀬
西野七瀬
本間に~?
と聞かれ、
(なまえ)
あなた
本間やで
と言いました。
西野七瀬
西野七瀬
今すぐ食器下げてくるから、熱計ろか
西野七瀬
西野七瀬
絶対に逃げたらあかんで
逃げたらしらんよ
と言って、食器を持って部屋から出て行きました、


そして、あなたは、本当は、にげたかったけど、気分が悪かったので、逃げるの辞めました
そして、なぁちゃんは、走って戻ってきました、
西野七瀬
西野七瀬
あなたちゃん逃げへんかったんや
偉いな~
(なまえ)
あなた
もう、あなたねつないもん、
西野七瀬
西野七瀬
じゃあ早速計ろか
西野七瀬
西野七瀬
はい、どうぞ
といって、体温計を渡してきました、
見ると平熱の36,1に戻ってました~
そして、あなたは普通に計りました、
そして、ピピピピとなりました
(なまえ)
あなた
なぁちゃん~
見てー
平熱に戻った
西野七瀬
西野七瀬
よかったなぁー
じゃあ今日お風呂入りー
と言われ、
(なまえ)
あなた
じゃあ、あなた今から入るからなぁちゃん出て行ってなー
といって、部屋についてるお風呂に入る準備をしました
西野七瀬
西野七瀬
じゃあなないくなー
西野七瀬
西野七瀬
また、寝るときになったらくるわな
(なまえ)
あなた
バイバイー
なぁちゃんが出て行ってたあと、お風呂に入りました、久しぶりで、気づいたら30分位入ってました、










なぁちゃんが来る前にさっさと上がり、ドライヤーで、髪の毛を乾かし、









 気付くともう、8時三十分でした、






あと三十分でなぁちゃんが来るから、急いで歯磨きをしました。






そして、色々してると、もう9時でした、







9時になると案の定、アナウンスが流れました。








そしてアナウンスがながれたあと、なぁちゃんが来ました、
西野七瀬
西野七瀬
あなたちゃん寝るよー
と言われました。
(なまえ)
あなた
ハーイ!
と素直に受け入れました
そして、なぁちゃんは、部屋から出て行きました