無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

。゜
私は、、なぁちゃんとななみんが出て行ってからずっと、乃木坂の8バースでライブのDVDや、乃木坂の他のDVDを2時間ぐらい、大人しく見てた、




なぜ、大人しくしてるのかというと、、まいやんが、遊んでくれるからだ!

でも遊んでもらうためには熱を下げないといけない、





だから大人しくしてるのだ、








そして、私の病室に向かって歩いてる音がする、




きっとまいやんだろう






コンコンコン





(なまえ)
あなた
ハーイ!
白石麻衣
白石麻衣
入るね~
と言って、やっぱりまいやんが入ってきた、
(なまえ)
あなた
あなたとの約束わすれてへんよな?
今から遊ぼ?!
白石麻衣
白石麻衣
忘れてないよ笑
遊ぶ前に、先に、熱計ってからな
と言って、まいやんは、ナースコールのボタンを押した、
そしてナースコールには、ななみんが出た
橋本奈々未
橋本奈々未
あなたちゃんどうした?
白石麻衣
白石麻衣
麻衣やで!
橋本奈々未
橋本奈々未
どうした?まいやん
白石麻衣
白石麻衣
ごめんやけど、体温計持ってくるの忘れたから、持ってきてくれへん?
橋本奈々未
橋本奈々未
分かった。今から持って行く
白石麻衣
白石麻衣
ごめんねありがとう
橋本奈々未
橋本奈々未
いえいえ
そして、数分したら、ななみんがきた
橋本奈々未
橋本奈々未
まいやん、はい、これ体温計
白石麻衣
白石麻衣
ありがとうーななみん
そして、ななみんは、帰って行った
白石麻衣
白石麻衣
じゃあ、計って、熱なかったら遊ぼうなー
と言って私に、体温計を渡した、
(なまえ)
あなた
(ふぅ……熱ありませんように……)
白石麻衣
白石麻衣
早く計りや
(なまえ)
あなた
う…うん…
恐る恐る、ちょっとだけ、浮かして挟みました、これくらいしか、浮かしてなかったら、絶対にばれへんわ、
と思ってたけど、
白石麻衣
白石麻衣
ちょっとまってー
ストップ
と言って体温計を取った
(なまえ)
あなた
どうしたん?まいやん
白石麻衣
白石麻衣
ちゃんと計ってないやろー
お見通しやで笑
と言って、私を膝に乗せて、熱を計られた、
そして、ピピピピとなった、
(なまえ)
あなた
(お願い!絶対にないように)
と思いみたら、38℃でした
(なまえ)
あなた
(あぁ……全然下がってない)
白石麻衣
白石麻衣
可哀想やけど、熱下がるまであそばれへんなー
白石麻衣
白石麻衣
じゃあ、後で熱が早く下がる座薬っていう薬使おっか、
(なまえ)
あなた
うん…
まいやんとあそばれへんの嫌や
白石麻衣
白石麻衣
熱が下がったら遊んだあげるから、もうちょっとだけ、ガマンしよな
(なまえ)
あなた
うん……
白石麻衣
白石麻衣
じゃあ、後でまた、薬入れるのに、なぁちゃんとななみんか飛鳥ちゃんと来るね
白石麻衣
白石麻衣
じゃあね、
(なまえ)
あなた
バイバイ(。・_・。)ノ
と言って部屋を出て行った