無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

病室にて
(なまえ)
あなた
(なんか、誰かがこっちに来る音がする)
そう思うのは、先生と看護師さんが歩いてきてるからだ、、





そして、病院に入ってきた。
白石麻衣
白石麻衣
まだ自己紹介してなかったね💦
あなたちゃんの担当医になりました。
白石麻衣です!まいやんってよんでね
西野七瀬
西野七瀬
初めましてぇ!
看護師の西野七瀬です!
なぁちゃんって読んでね!
白石麻衣
白石麻衣
じゃあ早速、あなたちゃんには、点滴と採血頑張って貰おっかな
(なまえ)
あなた
絶対嫌や!
(なまえ)
あなた
まいやん先生、なぁちゃん!
それって絶対にしなあかんの?
白石麻衣
白石麻衣
ごめんねぇ
絶対にしないといけないの
西野七瀬
西野七瀬
あなたちゃんどうする??
がんばろっか、
(なまえ)
あなた
やっぱり嫌や!
あなたはそう言い、ベットの布団に隠れこんだ、
そして、その間に、看護師のなぁちゃんは、点滴と採血の準備をし、まいやんは、同僚で妹のように可愛がってる飛鳥に応援頼みました。





  プルルルプルルル

白石麻衣
白石麻衣
もしもし
飛鳥?
齋藤飛鳥
齋藤飛鳥
まいやんどうした?
白石麻衣
白石麻衣
あのさ、今日から入院のあなたちゃんの採血と点滴今からなぁちゃんとやるんやけど、なぁちゃんだけじゃ、抑えきられへんとおもうから、応援きてくれへん?
今忙しい?
齋藤飛鳥
齋藤飛鳥
そういうことね

じゃあ今から行くね!
白石麻衣
白石麻衣
飛鳥も忙しいのにありがとう!