無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

逃走失敗
(なまえ)
あなた
嫌や嫌や嫌や!
何で嫌やと言ってるのかと言うと、今あなたはみさちゃんに病室に連れて行かれるからだ


点滴がいやで逃げてきたのだ
衛藤美彩
衛藤美彩
あなたちゃんもうつくよー
といって、あなたの病室の前についた
衛藤美彩
衛藤美彩
なぁちゃん~
連れてきたよ~
西野七瀬
西野七瀬
みさありがとう
西野七瀬
西野七瀬
みさ、今からあなたちゃんの点滴するから、手伝える?
とコソコソ言ってました
衛藤美彩
衛藤美彩
うんいけるよ
西野七瀬
西野七瀬
じゃあお願い!
西野七瀬
西野七瀬

よし、じゃああなたちゃん点滴しよか
(なまえ)
あなた
無理o-_-)=○☆
西野七瀬
西野七瀬
でも、点滴しないとさ、まいやんとあそばれへんし、退院もできひんねんで
西野七瀬
西野七瀬
ちょっとだけ、頑張ろ?
西野七瀬
西野七瀬
じゃあ、みさちゃんの膝に座り
衛藤美彩
衛藤美彩
おいで!あなたちゃん
といって、わたしは、みさちゃんの膝の上に乗せられた
そして、病室のろうかの前を通った、よだちゃんが居た
西野七瀬
西野七瀬
あぁ!ゆうき!
与田祐希
与田祐希
はい!ななせさんどうしました?
西野七瀬
西野七瀬
今からあなたちゃん点滴やるんやけど補助できる?
与田祐希
与田祐希
はい!分かりました!
といって、よだちゃんが病室に入ってきた





 
あなたはみさちゃんの膝に座り、点滴しない方の腕を抑えられ、よだちゃんには、点滴する方の腕を抑えられた



そして、なぁちゃんは、針を準備し、
西野七瀬
西野七瀬
あなたちゃん、ちょっとごめんよ
動いたらあかんで
と言って、腕に針を刺した


刺した瞬間、そこまで痛くなかったのだが、いやで針が刺さってる方の腕を動かした
与田祐希
与田祐希
後ちょっとだけ、我慢
とよだちゃんに言われました、
そして、終わったら、
衛藤美彩
衛藤美彩
あなたちゃん、凄かったやん!
と褒められました、
そして、
与田祐希
与田祐希
じゃあ私先帰ります!
与田祐希
与田祐希
あなたちゃんバイバイー
(なまえ)
あなた
よだちゃんバイバイ(*^-^)ノ
と言ってよだちゃんは、出て行きました、
西野七瀬
西野七瀬
じゃあななたちも帰るな!
また、夜ご飯の時に来るわな!
大人しくしといてや!
(なまえ)
あなた
じゃあね!なぁちゃんとみさちゃん
西野七瀬
西野七瀬
バイバイ!
衛藤美彩
衛藤美彩
あなたちゃんじゃあね😊
と言って、全員出て行きました




出て行った後、これ以上嫌なことはしたくないので、乃木坂のバースデーライブのDVDを見ながら眠りにつきました、