無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

9話
…さん……
翠
(誰…?)
う……さん…
翠
(頭が痛い…)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
翠
ッ!
はっと夢から覚める。
ふと腕を見ると、汗でビシャビシャに濡れていた。
翠
後で水浴びましょう…
立ち上がり、スカートに付いた砂を払う。
(なまえ)
あなた
起きたか。
あなたが壁に寄りかかり、腕を組んでいた。
翠
あ、あなたさんおはようございます…
(なまえ)
あなた
ん。
あなたは素っ気なく挨拶を返し、酒場に向かった。
(なまえ)
あなた
翠、行くぞ
翠
あ、はい!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
店員
なんか翠ちゃん顔色悪いよ?
翠
そうですかね…?はは…
翠はいつの間にか店員と仲良くなっていた。
(なまえ)
あなた
そういえば、翠寝言で変な事言ってたぞ
カクテル片手にあなたが言った。
翠
え、私変な事言ってましたか!?
(なまえ)
あなた
ああ。
(なまえ)
あなた
珊瑚サンゴとか柘榴ザクロとか言ってたな
あなたはカクテルを一気に飲み干した。
店員
確か、ガーネットって和名で柘榴石ザクロイシって呼ばれてるらしいわね
(なまえ)
あなた
それに珊瑚も宝石にあるよな
あなたと店員は口々に呟く。
翠
へぇ…
麦茶を飲みながら呟いた。
翠
宝石…ですか…
(短めですね今回)