無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

3話
(なまえ)
あなた
よーお前ら!
ドアを開けるとあなたは元気よく言った。
モブ
おーあなた!
モブ
よう!
モブ
いつもので良いー?
仲間らしき人とあなたがハイタッチして、窓際に座る。
(なまえ)
あなた
翠も座れよ〜
翠はあなたの右側に座った。
モブ
そこの嬢ちゃんはどうする?
翠
ふぇっ!?
翠
………麦茶で…
モブ
あいよ
店員は棚からグラスを出して麦茶を注いだ。
(なまえ)
あなた
あ、パフェも追加な
モブ
はいはい
麦茶を翠のテーブルに置くと、店員は冷蔵庫からパフェを取り出した。
モブ
ほら、パフェ。
(なまえ)
あなた
サンキュ
あなたはパフェをパフェは飲み物、という言葉が1番似合う位の勢いで食べきった。
モブ
相変わらず早いねぇ
(なまえ)
あなた
お褒めいただきありがとうございます〜
翠
……………(汗)
次回に続く(なんかほのぼのしてんな…)