無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
205
2021/03/09

第11話

#11
昼休み      屋上
私は今日もラウールくんが来るって思って
屋上のさらに上のはしごを昇ったところで本を読んでいた
ラ「あ、見つけた~!笑」
『げっ……』
ラ「こんなところ初めてだ〜」
と、私の横に座りながら呟く
『なんでわかったの~……』
ラ「適当に探してたら見つけちゃったみたいな?」
『っ……』
ピロンっ
ばけもの
今どこ居んの〜
屋上と打っていた手を咄嗟に止めた
今屋上にいるって言ったら
またなんかごちゃごちゃするから、、
あなた
なんで?
ばけもの
いや、ちょっと話したいなーって
あなた
ゆいと話してきな
ばけもの
俺があなたの事好きってわかってて言ってんだろ。
あなた
はいはい
ばけもの
おい。で、どこにいるんだよ
あなた
どこでもいいでしょ!
ばけもの
あ、わかった。お前いまラウールと一緒に居るだろ?
こいつ勘だけはいいな
ラ「ちょっと貸して~」
持っていたスマホを取り上げられる
『あ、ちょっと、!』
あなた
僕ラウールです。
今あなたちゃんと一緒にいます
探してみてください
『ねぇ!!何勝手なことしてんの!』
ぺちっ
ラ「った、!」
『も~~~!!!!』
辰哉は案の定屋上に来た。
扉の開く音がした
ラ「先輩、。」
ぎゅうっと抱きしめられた
ラウールくんの匂いに包まれてドキドキした
『ちょ、ラウールく、』
ラ「し〜……!」
深「お前ら何してんの。」
ラ「バレちゃったかぁ~!」
『……』
それから放心状態で目が泳いでるのが自分でもわかった
ラ「先輩?」
『え、あ、ん?何?』
ラ「ぼーっとしてましたよ笑」
『え、うそ?ごめ、』
深「つーかお前ら2人抱き合ってただろ今。」
ラ「僕が一方的にしたんで。」
『あの、私教室戻る……』
て言ってもガードされてて動けない
あなた
おいゆい。助けろ
ゆいぴ
え?あ?ごめん無理だわ。今翔太探してんの
あなた
え~、、、
ゆいぴ
がんば。んでどんま。
あなた
てめぇ絶対しばく。
ゆいとやりとりしてる間に
なんか話が進んでたようで、
深「よし決まり!」
『ビクッ……』
深「俺とラウールがあなたとデートしてどっちが良かったか決めてもらう。」
『うん。それで?なんの意味もなくない?私2人とも好きじゃないし』
ラ「まぁまぁいいから……」
なんやかんやで
今週の土曜日がラウールくん
日曜日が辰哉とデートすることになったらしい……
緊張してきた……
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
はいどうもさくしゃのらるでふ。
あの
なんやかんやで
深澤さんを良い奴にしようかなと思い始めてきたのですが

アンケート

深澤さんはクズ?いい人?
クズ
39%
いい人
45%
どっちでもいい
16%
投票数: 82票
投票してもらいたいでふ!
出来ればスルー禁止で、、👊🏻😖
よろしくお願いしまふ!
締切日¦3月10日正午12時