無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

352
2021/02/05

第2話

#2
まいと
先輩!好きです!!
あなた
あ、ありがとう、
あぁぁぁぁぁぁぁ
どうしたらいいんだあああああああああぁぁぁ
別に私はラウールくんのこと好きじゃないし
断ったのに!
諦めが悪いこと
ゆ「昼ごはん食べ行こー」
『うん』
ゆ「ねぇあんたほんとに大丈夫?ここ最近全然元気ないじゃん」
ラ「あぁ!!!!」
聞き覚えのある其の声に
背筋がゾッとした
お願いだから気づかないで、、
ラ「あなたの名字先輩!!!!!」
あー終わったーーー
ゆ「え?あの子ラウールくんだよね?なんであなたのこと?え?」
パニクってるゆいを横に私は冷や汗をかく
あぁ、、どうしようラウールくん近づいてきてるよ、、あああぁ
ラ「せーんぱい?(((((ニコ」
ひえ、、、