無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

276
2021/02/12

第4話

#4
それからというもの
ラウールくんを見掛ける度にゆいの後ろに隠れる癖がついてしまった
まあ結局その都度見つけられて声かけられるんだけど
その度にゆいに問い詰められるから多分私の好きな人は
ラウールくんって勘違いされてる
めんどくさい事になったなー
あなた
ねぇラウールくん。
まいと
え!!!!先輩!!!!え!!!!!!
先輩からDMなんて珍しい!!!!好き!!!!
あなた
いやあのさ、私なんかのどこがいいの?
同い年にもっと可愛い子いるじゃん
まいと
あー!!!!!私なんかって言葉禁句!!!!!
僕にはあなたの名字先輩しか見えてないし
あなたの名字先輩しかいないし
あなたの名字先輩しか可愛くないの!!!!!!!!
あなた
いや、でも、
まいと
そっから続きは言わないで〜!!!!
言っても無視するからね!!!!😤😤😤
あなた
えっと、、なんかごめん、
まいと
なんで謝るんですか????
最後にあなたの名字先輩すきです!!!
おやすみなさい!
あなた
あ、うん、、おやすみ
『あーあ!!七里ガ浜高等学校に転校したーい!』
最近はこれが口癖になってしまった
ゆ「あんた何回言うのそれ」
『ねぇゆいぃー!一緒に転校しない??」
ゆ「誰がするかばーか!」
『ひどーいー(泣)』
『めっちゃ景色綺麗なんだよー
日本一海に近い高校!!、、、、、、神奈川だけど、、』
ゆ「無理じゃん諦めな。」
『ぴえん』
ゆ「あ、ラウールくんだよ。」
『へ、?!』
ゆ「先輩からもキャーキャー言われてるラウールくんさすがだね」
ゆ「めっちゃ囲まれてんじゃん笑」
『それな笑』
ラ「あ、!」
『やっべぇ、、』
女1「ねぇ♡ラウールくん♡きょおぉ、一緒に帰ろぅ?♡」
ラ「んー、無理かな笑」
女1「な、なんでぇ??♡」
ラ「一緒に帰りたい人がいるから、かな?笑」
ラ「あなたの名字先輩!!」
『ねぇゆいぃ(泣)』
ゆ「しゃーない。いってきな」
女1「え、えぇ、、私と一緒に帰ろうょ♡」
『もう、、!!!!』
『な、なに?』
ラ「今日一緒に帰りません?」
『え、あっ、えっと、その、、』
女1「チッ、、」
『うん、、いいけど、、』
やっべ舌打ちされたよ今?!?!こっわ、、
ラ「やったぁ!!!じゃあ放課後校門で待ってます!」
ああぁぁぁぁあ、、、、、約束しちゃった、、、
どしよ、、、、