無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

夏休み
 オリエンテーションが終わってからあっという間に過ぎて、夏休みに入って1週間が過ぎた。

 まだ特に予定は立ててないけど、近所の花火大会とプールには毎年行ってるから今年も行きたいな。


 そして、オリエンテーションが終わってから春君との距離が少し遠くなった感じがする。
茉奈は気のせいじゃないのって言うけど、気のせいじゃない。

高校入って少し減ったと思ったら、オリエンテーション終わってからほぼ無くなった。


春君に告白されて、意識し始めた。
青維君に私から告白してって言われたけど…
 それに8月8日は春君の16歳の誕生日

誕生日プレゼントも買ったし、今年もチョコレートケーキを作る予定で準備してるんだけどな〜。

携帯が鳴った。

茉奈ちゃんからグループメールだ。

《茉奈:明日、皆でプール行くから10時に公園集合ね。》
《春:いつも急だな。》
《茉奈:全員強制参加だから!》
《真紘:マジか…》
《にの:まだ、水着買ってないよ…》
《茉奈:午後から行っといで。春付き合ってあげて!》
《春:俺?!真紘に頼んでよ。》
《真紘:ついて行ってやりたいけど、用事で出てるからゴメンな。》
《にの:一人で大丈夫だから。2人とも気にしないで。》
《茉奈:気をつけてよ。》
《にの:大丈夫だよ。ありがとう。》

返信すると携帯を閉じて、準備を始めた。