無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

58
2021/09/10

第53話

将来の夢

 昼休み、お弁当を開き、お喋りしていると進路の話になった。
鈴木にの
鈴木にの
椛は、進路どうするの?
佐伯椛
佐伯椛
えっ…と
まだ、考えがまとまってないの…
にのは、どうするの?
鈴木にの
鈴木にの
そうなんだね
私は、決めたよ…後は両親に話さないと…
 にのも決まってるのか。

私も覚悟を決めて話さないと…ずっと、一緒にいる為にも。
鈴木にの
鈴木にの
真紘くんの事は、話したよね?
 
 にのの幼馴染で、大好きな人。

私は、思いっきり首を縦に振った。
鈴木にの
鈴木にの
真紘くんを支えたいの
小さい時からの私の夢なの

 にのだったら笑わないで聞いてくれるかもしれない…私の夢。

佐伯椛
佐伯椛
にの、私ね
小さい頃から夢があるの…

 にのが真剣に聞いてくれているのが、凄く分かる。誰にも言えなかった私の夢。

 同じ様な恋をしているにのなら分かってくれるかな…。