無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

クラスマッチ
今日はクラスマッチ

私と茉奈ちゃんはバレーボール
春君と真紘君はバスケ

私達のクラスは2回戦で負けたので
第1体育館で試合している
春君達を応援しようとやって来た

負けた子達が
応援で詰め寄せているから人が多い


片寄春
片寄春
にの~
春君に呼ばれて
振り返るとおいでおいでをしていた


井上茉奈
井上茉奈
探したよ〜
神谷真紘
神谷真紘
人多いからな
俺達も見つけるの大変だったよ
井上茉奈
井上茉奈
勝ってるんでしょう?!
片寄春
片寄春
午後の決勝に残った
鈴木にの
鈴木にの
二人とも
おめでとう
神谷真紘
神谷真紘
負けるのは嫌だからな
やるからには勝つ!
真紘君は以外に負けず嫌い
でも春君に負けるのは何故か良いらしい

理由を聞いたけど教えてくれなかったな〜
鈴木にの
鈴木にの
決勝頑張ってね!
片寄春
片寄春
ありがとう
井上茉奈
井上茉奈
その前にお弁当を食べないとね〜
神谷真紘
神谷真紘
あぁ頑張るよ
12時半から決勝
それまで1時間休憩になった

その間にお弁当を食べても良いということで
教室に戻ってきて机を囲んだ
井上茉奈
井上茉奈
あれ?
三人ともお弁当は?
神谷真紘
神谷真紘
俺は食べると動けないから
ゼリー飲料
片寄春
片寄春
帰ってから食べるから
俺もゼリー飲料持って来た
鈴木にの
鈴木にの
今日は13時には終わる予定だから
家に用意してあるの
井上茉奈
井上茉奈
私だけなの!?
折角持って来たから食べるけど…

携帯が鳴った
確認すると目の前に居る春君からだった

《春:にののお昼ご飯楽しみだな。》

昨日の夜の電話で
今日は早く終わるから
家で一緒に食べようと約束した

《にの:帰ったら一緒に食べようね♪》
《春:優勝したらご褒美頂戴!》 

春君の顔を見たら悪戯っ子の顔をしていた


うーん
ご褒美は何が良いのかな……

《にの:何が欲しいの?私があげられる物なんて無いよ…》
《春:にのにしかもらえない物があるよ。だから欲しいな〜》

あるの?あるならいっか!

《にの:何か分からないけど、あげられるなら良いよ!》
《春:約束な♪》

春君の笑顔がなんか怖い…