無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

オリエンテーション合宿1日目午前
今日から2泊3日のオリエンテーション合宿
7時45分までに集合で
学校のロータリーに並んでるバスに
班ごとに乗り込んでる
一番後ろの左から
私茉奈ちゃん春君真紘君で座っている




3時間ほどでつく予定

井上茉奈
井上茉奈
今日の日程ってどうだったっけ?
鈴木にの
鈴木にの
着いたらすぐ開会式
終わったら荷物を部屋に運んで
着替えて昼食
お昼からは明日のテストに備えて自習
夕食済ませて自由時間だよ
井上茉奈
井上茉奈
テストかー
神谷真紘
神谷真紘
中学校3年間の教科別テストだろ
片寄春
片寄春
実力見るのが目的みたいだな
井上茉奈
井上茉奈
入学して安心してた……
鈴木にの
鈴木にの
茉奈ちゃんなら大丈夫!
井上茉奈
井上茉奈
ありがとう
それから話たりおやつ食べたりしていた
朝早かったから凄く眠い
少しウトウトしていた
片寄春
片寄春
にの眠いなら寝てていいよ
着いたら起こすから
鈴木にの
鈴木にの
春君ありがとう
少し体が冷えて来て寒いなぁ
ひざ掛けは旅行バッグの中だしなぁ
片寄春
片寄春
どうしたの?
鈴木にの
鈴木にの
少し寒くて…
片寄春
片寄春
カーディガン貸してあげる
そう言って春君はカーディガンを脱いで貸してくれた
鈴木にの
鈴木にの
いいの?寒くない?
片寄春
片寄春
そんなに心配しないで大丈夫だよ
井上茉奈
井上茉奈
にのには本当に優しいよね
神谷真紘
神谷真紘
日頃の行いの違いだな
井上茉奈
井上茉奈
凄い良い子なのに
片寄春
片寄春
誰かだよ
春君のカーディガンに残った体温に
ドキドキして眠れません。

そうして30分経ったころ…ようやく眠れたのに
1時間も経たないうちに起こされた


宿泊施設に着き
広場で開会式が行われました

その後クラス順に荷物を持ち
5階1組 6階2組 7階3組と
エレベータで上がりました

エレベータ降りるとフロアがあり 
談話出来る様になっていた
部屋は男子も女子2人一部屋で班ごと使う
エレベータ降りて右側に女子部屋 左側に男子部屋
お風呂はそれぞれの部屋の奥にあると説明された

荷物置き着替えて
11時45分フロア集合になった
井上茉奈
井上茉奈
着替えて来る
片寄春
片寄春
はいはい
鈴木にの
鈴木にの
春君
カーディガンありがとう
片寄春
片寄春
もう一枚あるから使いっていいよ
鈴木にの
鈴木にの
本当に?ありがとう
神谷真紘
神谷真紘
春行こうか
井上茉奈
井上茉奈
にの行こう
荷物を持って部屋に向かった
服は私服
その上に学校ジャージを羽織るのがルール
今日は特に動かないので
薄いピンクの花柄ワンピを着て
春君のカーディガンを羽織った

春君に包まれてる感がする
井上茉奈
井上茉奈
春に包まれた感想は?
鈴木にの
鈴木にの
まっ…茉奈ちゃん?!
井上茉奈
井上茉奈
あははは
にの顔真っ赤!
この前の相談から自覚したんでしょ?
井上茉奈
井上茉奈
準備出来たしそろそろ行こうか?
フロアーにはまばらに人が集まっていた
神谷真紘
神谷真紘
にの顔真っ赤だけど
どうかした?
鈴木にの
鈴木にの
なんでもない
井上茉奈
井上茉奈
女の子の秘密だよ
神谷真紘
神谷真紘
なんだそれ
片寄春
片寄春
どうせ茉奈がからかったんだろ
井上茉奈
井上茉奈
そうとも言う
時間になり昼食に向かうことになりました