無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

男子の会話~春の気持ち~
 グループメールが落ち着いたと思ったら個人メールが来た。

《真紘:何で買い物一緒に行ってやらないんだよ。》

何やら真紘怒ってる様子だ。

《春:真紘が行く方が、にのも喜ぶだろ?》

《真紘:にのは、春の方が喜ぶよ。》

《春:何でだよ。にのは真紘が好きなのに。》

《真紘:悔しいから教えたくない。でも1つだけ教えてやる。にのとの約束無くなったんだ。》

《春:結婚するってやつ?》

《真紘:俺から忘れてくれって言った。》

《春:何でそんな事言ったんだよ。》

《真紘:内緒。良いからにのの買い物付き合ってやれよ。》


何が内緒だよ。


 俺はにのへの気持ち諦めようと頑張ってるのに…でも、結局諦められないから近くにいるんだよな。

それに無くなったってなんだよ。にの傷付いてるかもしれない。
にのは絶対に自分の事では怒らないし、泣かない。
真紘だって分かってるのに何なんだよ!



にのにメールしてみるか。