無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第43話

優しい顔

家に帰り着いた私は
ずっとそれを見ていた



昨日夕方調べたら陽性だった
嬉しさと不安が押し寄せて
どうしたら良いのか分からなくなっていた


とりあえず
真紘君には内緒のまま
近くの病院に来ていた

先生が
おめでとうございますと
エコー写真をくれた

小さな小さな赤ちゃん

帰りに区役所に寄って
母子手帳をもらってきた



鈴木にの
鈴木にの
真紘君との赤ちゃんが
ここに居るんだ

凄く嬉しい

真紘君はどういう反応をするかな?
喜んでくれるかな?

神谷真紘
神谷真紘
ただいま〜
写真と母子手帳をバッグに入れて
急いで玄関に向った


鈴木にの
鈴木にの
おかえりなさい
今日は早く帰れたんだね
神谷真紘
神谷真紘
うん
父さん達が早く帰れって帰してくれた
鈴木にの
鈴木にの
そうなの
感謝しなきゃだね
神谷真紘
神谷真紘
だな
書斎に入って行く真紘君を置いて
夕食をテーブルに準備していると
リビングに真紘君が入って来た
神谷真紘
神谷真紘
にの早出だっただろ?
俺たちも早く帰れる予定だから
父さん達から食事に誘われたんだ
にのが良ければ行かないか?
食事ということは少しはお酒飲むよね
飲まないと変に思われるよね

言わないと
今しかないよね…

私は真紘君の手を引っ張って
ソファーに座らせた
鈴木にの
鈴木にの
あのね…
わっ…私のお腹に…
赤っ赤ちゃんが居るの!
産んでも良いかな?
ビックリした顔で
頭の中の処理が追いついてないみたい

バッグから
エコー写真と母子手帳を見せた
神谷真紘
神谷真紘
本当だ…小さいな…
俺父親になるのか…
凄い嬉しい
良かった
少し涙目の優しい顔で真紘君が
写真と母子手帳を見ていて安心した
神谷真紘
神谷真紘
何週目に入ってた?
鈴木にの
鈴木にの
6週目だよ
私のお腹を優しく撫でながら
神谷真紘
神谷真紘
ありがとう
にのもありがとう
鈴木にの
鈴木にの
こちらこそ
真紘君ありがとう
鈴木にの
鈴木にの
明日の食事会は行きたいけど
お酒と生物ダメだから
協力して欲しいです
神谷真紘
神谷真紘
食事会の話をしたから
このタイミングだったのか
分かったよ
鈴木にの
鈴木にの
院長先生と未來先生には
本当は安定期に入ってから
伝えた方が良いのかもしれないけど
職場の上司でもあるから
伝えた方がいいよね?
神谷真紘
神谷真紘
だな
食事会で俺から伝えるから
にのは安心して隣に居て
大丈夫だから



結婚式まで後3ヶ月をきった