無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

緊張
神谷真紘
神谷真紘
にの


電車で片道2時間
駅で待ち合わせした


真紘君が来てくれた
鈴木にの
鈴木にの
…久しぶりだね
神谷真紘
神谷真紘
うん


緊張で話せない

昔から会話は少ないけど
それでも真紘君の隣は心地良くて


久しぶりということもあるけど
更に格好良くなって
ドキドキして話せない




それから
カフェに行き
キャラメルマキアートと抹茶を頼んだ

意識し過ぎて
今日は頂戴って言えなかった…



春君と付き合ってから
真紘君を更に意識していて
今まで何気なく出来てた事が出来ない








鈴木母
鈴木母
真紘君いらっしゃい
お母さんが会いたいと言ってたから
一緒に来てもらった
鈴木母
鈴木母
にの
ケーキ予約してたの忘れてたの
取りに行ってきてくれる?
鈴木にの
鈴木にの
良いよ
いつもの所?
鈴木母
鈴木母
あそこのケーキを
真紘君にも食べて欲しいのよね
鈴木にの
鈴木にの
行ってくるね
神谷真紘
神谷真紘
俺も行く
鈴木母
鈴木母
真紘君は
お客さん何だからダメ
鈴木にの
鈴木にの
すぐそこだから大丈夫だよ
お母さんと待っててね


家からケーキ屋さん
往復30分かからないぐらいかな〜


早く帰らないと