無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

二人の約束3
リンside
鏡音リン
ミクちゃん、、、
鏡音リン
寂しいよ、、、
鏡音レン
リン!!!
鏡音リン
れ、ん?
鏡音レン
やっぱりここにいた。よく来てたもんねミクと。
鏡音リン
っ、
鏡音リン
何で、、、
鏡音レン
いるのが分かったかって?


双子だからだよ。
鏡音レン
はい、これ。
鏡音リン
・・・何っ、こんなときに!!
鏡音レン
怒らない怒らない。ミクからだよ。
リンちゃんへ
 私がいなくなってどれくらいたったかな?リンちゃんのことだから泣いてるかも、、、と思ってレンくんに預けました。
 突然いなくなってごめんね。私もずっと一緒にいたかった。でも、転校しなきゃいけないんだ。リンちゃんは明るい子だから私がいなくなっても何ごともなく振る舞うでしょう?でも、レンくんくらいには悩み事とか言ってね。双子なんだから。大丈夫。絶対、













また会えるから。
ミクより。
鏡音リン
ミクちゃん、、、
鏡音リン
レン。ずっと一緒にいてね?
鏡音レン
もとよりそのつもりだよ?
鏡音リン
クスッ流石私の双子の弟よ!
鏡音レン
あ、元気になったんだね。じゃ、帰ろ。
鏡音リン
えぇーちょっとー少しは御姉様の要望に答えなさいよー
鏡音レン
指切り?
鏡音リン
そ、
リンレン
ゆーびきーりげーんまーんウソつーいたらはーりせんぼんのーますゆーびきった!
鏡音レン
え、けど針千本も用意出来ないよ?
鏡音リン
そこら辺はいいの、いいの!
鏡音レン
えー
***********************
初音ミク
リンちゃーん!いっくよー!
鏡音リン
はーい!
鏡音レン
ほどほどにしときなよ・・・
初音ミク
でた!レンお母さん!
鏡音レン
だからお母さんじゃないってー!
鏡音リン
そういうところがお母さんww
鏡音レン
もう!
鏡音リン
じゃ、いってきまーす!
鏡音レン
行ってらっしゃい。
これは、もう少し未来の出来事
***********************
作者(珠音)
初めての短編終わったぁぁぁぁ!
鏡音レン
お疲れー
鏡音リン
レンお母さんー今日の夕飯何ー?
鏡音レン
いや、お母さんじゃないから。
作者(珠音)
レンくんってツンデレだよね。
鏡音リン
それなww
鏡音レン
は?
鏡音リン
レン怖っ
作者(珠音)
まあここら辺でバイバーイ!
リンレン
バイバーイ

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

珠音
珠音
 珠音と書いてじゅのんと呼びます珠音です!腐女子です。 ボカロ大好き!リンレン特に。歌い手勉強中、、、  画像が入れれない。どうすればいいですか!?  よろしくお願いします! りーらふぁんくらぶ💫🚢 なんばーふぁいぶ
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る