無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

「Snow Dream」渡辺 翔太



4月




社長「youたちデビューだよ」




あなた俺、夢に一歩近ずいたよ


これは、君が帰ってくるまで内緒にしようかな


社長「新しくyouたちにスタッフが付くようになったからよろしく頼むよ」



マネージャーが声をかけて入ってきたのは…















































君だった



「皆さんの専属のヘアメイクをさせて頂きます」


「あなたです。よろしくお願い致します!」



みんな驚いて俺の方を見てる


マネージャーが会見まで にセットしてね


なんて言って出てった




「翔太くん!私、ちゃんと夢叶えたよ」


俺の前に来て嬉しそうに言う君は


最高に輝いてた


『ギュッ) よかった、、、あなたの夢を叶えられて』


「ふふっありがとう、翔太くん」


『あなた、お帰り』


「ただいま」


俺は君から1歩離れてしっかり目を見て



『あなた、今は指輪もなんもないけどずっと、一緒にいてください』


「絶対に、幸せにします』


「はい!お願いします!」


2人で照れくさくて笑った











「じゃあ、準備しよっか」


『そうだね』


阿部「よかったな、翔太」


『ありがと、阿部ちゃんのおかげもあったかも』


阿部「お幸せに」



















俺のプロポーズは


メンバーにしっかり見守られていました

















〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




Me さんリクエストありがとうございました


思っていた感じになったかはわかりませんが


何かご不明点や修正してほしところがあったら


コメントしてください


皆さんもリクエストお待ちしております