無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

「Snow Dream」渡辺翔太
あれから5カ月


あの日の涙の約束はまだ果たせてないから


『もう少しそばにいて』


もうなんども告げたセリフだね



あの日の君の声が夜空に舞った















阿部「なに、またあなたちゃんのこと?」


『まあ、そんなとこ』


阿部「心配なの?」


『うん、だって…』


阿部ちゃんが優しく聞いてくるから


俺の中でこれまでためてた弱音のの雫が


ぽろぽろと溢れ出した


雫がはらはらと心に落ちて


まるで降り積もる雪のようだった




阿部「大丈夫だよ、あなたちゃん俺たちのためにアメリカにいるんでしょ?」


『そうだよ?』


阿部「それにあなたちゃん、本当に翔太が好きだもん」


『どこから出てくるのさその自信は』


阿部「なんとなく?笑」


『阿部ちゃんがなんとなくって珍しい笑』


阿部「笑った、あなたちゃんはきっと翔太に笑ってて欲しいと思うよ?」


『うん、ありがと阿部ちゃん』






阿部ちゃんとの会話は、心の中の


降り積もった雪を溶かしてくれた




これからの


夢までの純白の果てしない道


まだ誰も踏み入れていない未知


祇園精舎の鐘の声に


諸行無常の響きあろうと


1歩1歩目指していこう


憧れの終着点に向かって


銀色の足音が


ほら振り返れば足跡になるよ











君と描きたい景色はまだ未完成だけど


「もう少しそばにいて」


あと4ヶ月


もう少しで君が帰ってくる










涙で滲んだあの約束が


果たせていないけど


「もう少しそばにいてよ」


もうほんとは聞き飽きちゃったかな?


君の声と俺の声が


あの日の夜空に舞った





今は12月


降り始めた淡い粉雪が街を染めるように


1粒1粒俺らの夢に







そういえば君は旅立つ前に


「翔太くんのオンリーワンの人になりたい」


と言ったね


もうあなたは俺にとってたった1人の人だよ


24時間を週7日


2人の夢を叶えるために命を燃やしてた


冬が始まったばっかだけど


春を待ちわびながら君のことを考えてた


有名になってデビューしてね


その願いはいつか叶えるよ


絶対諦めないよ


選り取り見取り掴むSnow Dream











シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

天華 -A maka-
天華 -A maka-
**誰かの_____ _____憧れさん・尊敬さん_____ ________________になれるように** ~ジャニーズとコスメとお洒落を愛する女の子~ *大介くん*一眞くん*聡くん* *同担断固拒否* 🥀全てにおいて独占欲強め🥀 にしりゅ。尊敬同盟...with夜月 にしりゅ。は彼女です♡ #天の川は華やかに。 #🍌💖#👑🐙#🥀🐿
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る