無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

「彼氏 兼 彼女」岩橋 玄樹


あなたside






『彼女欲しい………』


私のこんな一言がこの後


数時間にも及ぶ争いを引き起こしました




岩橋「あなた?なんでそんなこと言うの?」


『別に良くない?言っただけだし』


『私、雛垣ちゃんみたいな彼女が欲しいの!』


岩橋「はあ?俺がいるのに他の人がいいって言うの?」


『だって玄樹は彼氏でしょ?私は彼女が欲しいの!』


岩橋「彼女だって付き合ったら浮気じゃん!」


『付き合いたいとは言ってないじゃん!』


岩橋「彼女欲しいっておんなじ意味でしょ!」





















言い争いはお昼を超えても


ご飯を食べても続いた





岩橋「ズズッ)あなたには俺がいるでしょ!」


『モグモグ)確かに玄樹は可愛いし彼女みたいだけど!』


『やっぱり男なの!』


岩橋「ズズッ)なんで!彼女みたいなんでしょ?じゃあいいじゃん!」


『ズズッ)それでも玄樹は彼氏なの!』

















それからしばらくして


めんどくさくなったから


もういいって言っちゃった

















何がダメだったんだろ


そう考えながらベッドに転がる


いつのまにか眠っていた



















ん、、、もう7時か、、、


コンコンッ



岩橋「あなた?入っていい?」


『いいよ』


岩橋「ごめんね、あなたが俺から離れてくんじゃないかなって」


『わたしこそごめんね、玄樹を心配にさせちゃって』


岩橋「あなたは悪くないよ」


『もう彼女欲しいなんていわないから』


岩橋「いい?あなたの彼氏も彼女も全部俺なの」


岩橋「あなたは俺のなの、わかった?」


『わかったよ?』


岩橋「それに俺の彼女も彼氏も全部あなただから安心して?」


『うんっ』


岩橋「じゃあ、ご飯食べに行こっか」


『お昼は素麺だったからなあ』


岩橋「オムライスにしようよ」


『いつものあのお店?』


岩橋「そう、俺らの初めてデートしたとこ」


『ふふっ笑、行こっか』






























私の彼氏は


彼氏 兼 彼女


なんだそうです





シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

天華 -A maka-
天華 -A maka-
**誰かの_____ _____憧れさん・尊敬さん_____ ________________になれるように** ~ジャニーズとコスメとお洒落を愛する女の子~ *大介くん*一眞くん*聡くん* *同担断固拒否* にしりゅ。尊敬同盟...with夜月 にしりゅ。は彼女です♡ #天の川は華やかに。 #🍌💖#👑🐙#🥀🐿
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る