第2話

📖
842
2023/07/22 12:00






高校2年生







1年生の時みたいに遊びだけで生きられるわけでもなく、3年生みたいに勉強漬けの毎日でもないそんな時期












学校に友達なんざほぼ居なくて、いるのは幼なじみのヒョンジン。








まぁ、性格が真反対すぎて、学校ではあんまり話さないんだけど



あなた
あなた
ガチ…憂鬱っ…





1年のクラスとは違うから仲良くなった子ともみんな離れてしまって独りぼっち










別に友達が欲しいわけじゃないけど。






先生も去年と変わってしまった








一人一人名前を呼んでいく中に、ある名前が呼ばれると周りがザワザワとした






先生
キム スンミン





スンミン
スンミン
はい





出た。この学校で1番権力握ってる男。








話したこともないけど…




モブ
うちのクラス、スンミンくんいるのっ…?!



モブ
えそれね…やばっかっこよ…♡







…良くも悪くも常に目立つ生徒会長









それをかっこいいと思うのは、私には分からないけどねㅎㅎ




先生
ユン あなた

あなた
あなた
…はい



1番最後に呼ばれた。






右端の1番後ろの席。







この席は私が大好きな席で、いつも初めはここに座れるから好きだ







なんとなぁー2年生初めての授業は終わって







私はみんなが帰るのをみて、どさくさに紛れて教室をでて










音楽室に向かった。







あなた
あなた
…あ〜やっぱりここが落ち着く。







音楽室と言っても、ピアノが置いてあるただの空き教室みたいな感じ。









ガチの音楽室みたいなのは別の校舎にあって、そっちはアイドルコースの人達が使ってるんだってさ










アイドル別に興味無いけどちょっと羨ましいㅎㅎ







ピロリンッ




あなた
あなた
…ヒョンジナからじゃん





ヒョンジン
ヒョンジン
「おーーーーーーい、元気してる?」



あなた
あなた
『まぁまぁって所』




ヒョンジン
ヒョンジン
「ㅋㅋㅋだろーね、俺アイドルコース入って1日目友達できたんだけど!!!よかった」



あなた
あなた
『あぁそう』


ヒョンジン
ヒョンジン
「いや反応薄くない??!」

あなた
あなた
『新クラス友達できませんでした、2年目なうですけど。』


ヒョンジン
ヒョンジン
「…どんまい」



ヒョンジン
ヒョンジン
「何組なの??」


あなた
あなた
『…3組』


ヒョンジン
ヒョンジン
「うわまじで??キムスンミンいんじゃんそのクラス」


あなた
あなた
『そうだけど…そっちまでもう広まってるの?』


ヒョンジン
ヒョンジン
「いやそうでしよ~スンミナのやつ、音楽系統の実技満点にほぼ近いくせに一般クラスに居るんだよ?」


ヒョンジン
ヒョンジン
「アイドルコース通ってるやつ、みんなあの実力羨ましがってるよ」


あなた
あなた
『ふーん…全然知らなかった』


ヒョンジン
ヒョンジン
「けどまぁ、あなたもそうだけど!!」


あなた
あなた
『あー私はいいのいいの』


あなた
あなた
『アイドル興味無いし』


ヒョンジン
ヒョンジン
「ちーー、あなたの実力じゃアイドルコースでもトップだろうけどね」



あなた
あなた
『そりゃどーも、今から忙しくなるからここまでね』



ヒョンジン
ヒョンジン
「もう?? まぁいいや、明日全学部統一で集まりあるだろうし、会えたら話しかける」


あなた
あなた
『いや!!! 目立つからやめて』








そんなこんなでカトクをしていると、軽く30分は経ってた




私は少し息を整えて、ピアノの正面に






一つ一つメロディを奏でて、自分の世界に入り込んだ





だから、人が見ていても気づかないんだ








スンミン
スンミン
………








あの人がみているなんて、いままで知らなかったんだもの。







そう、優等生くんがねㅎㅎ








♡50 ☆200↑ next

_______________________________________
やっとやっと!!!やっと、描き始めました!!!!!  まぁ、1話はなんとなくあらすじ含めた全体像を、書いててまだスンミンはいっぱい出てきてないです!!


この学校は、アイドルコースと一般コースがあってヒョンジンは一般からアイドルコースに専攻を変えたところって感じです!!!


夢主ちゃんはピアノや歌のセンスがバツです😿😿



2作並行でアップロードか、3作目も出したいと思ってるのでほんと亀で申し訳ないのですが!!!応援してくださるファンの皆さんほんとにサランヘヨ😭‪🫶🏻️💞‪🫶🏻️💞


プリ小説オーディオドラマ