無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

好きだよ 紫耀side
ジンが仲直りできた、と午後から学校にきた時は、本当にホッとした。
なんだかんだ心配してた。


次の日、教室に行くとジンと玄樹がベランダで並んで外を見てた。
平野紫耀
平野紫耀
お、は、よっ
真ん中に刺さり込む。
神宮寺勇太
神宮寺勇太
おー、紫耀さん
岩橋玄樹
岩橋玄樹
びっくりしたー

おはよ
平野紫耀
平野紫耀
玄樹ちゃん?
岩橋玄樹
岩橋玄樹
はい?笑
平野紫耀
平野紫耀
俺に話すことある?
岩橋玄樹
岩橋玄樹
あーー、はい。
その節はお世話になりました。
神宮寺勇太
神宮寺勇太
ははは!
平野紫耀
平野紫耀
もっと心込めてよ!
二人のキューピッドと言っても…
岩橋玄樹
岩橋玄樹
過言じゃない?笑
神宮寺勇太
神宮寺勇太
いや、俺はかなり助けてもらった笑
岩橋玄樹
岩橋玄樹
そうなの?
平野紫耀
平野紫耀
泣きじゃくるジ…
神宮寺勇太
神宮寺勇太
そこまでっっ!
ジンに止められる。
言いたい~
岩橋玄樹
岩橋玄樹
紫耀、そのうちゆっくり聞かせて笑
平野紫耀
平野紫耀
了解~♪
神宮寺勇太
神宮寺勇太
でも、ありがとう紫耀。
おかげさまで…
岩橋玄樹
岩橋玄樹
俺たち付き合うことになったよ!
ありがと!
玄樹が俺に耳打ちしてきて、嬉しくて笑ってしまう。
平野紫耀
平野紫耀
二人ともバカだから心配したわ…笑
玄樹とジンが笑う。
あ、そうだ
平野紫耀
平野紫耀
なあ、二人のことって周りには秘密?
神宮寺勇太
神宮寺勇太
うーん…
岩橋玄樹
岩橋玄樹
卒業まで後少しだし、静かに過ごしたいかな、俺は。
ジンは?
神宮寺勇太
神宮寺勇太
俺もかな。
まだ付き合いたてで、俺たち二人が大事な時だと思うし。
平野紫耀
平野紫耀
了解。
気を付けるわ。
神宮寺勇太
神宮寺勇太
まーでも、紫耀がうっかりしたとしても、付き合ってるのは本当だから、その時はその時よ。
岩橋玄樹
岩橋玄樹
その時その時!

ねー、紫耀も金曜泊まりこない?
ジンの就職と俺の誕生日祝いしてよ。
平野紫耀
平野紫耀
何それ、パーリーナイトじゃん。
え、どう考えても俺、邪魔じゃない?
神宮寺勇太
神宮寺勇太
俺たちも3人で居られるの残り少ないしさ、遊ぼ。
そうだった、卒業まであと何回こんな風に遊べるかわかんない。
俺たちは真剣受験組じゃないからお気楽だけどさ。



友達同士が付き合うって不思議だな~。
見た感じ変わらないのに、今までの内緒でじっと見つめる感じがなくなって、代わりにふざけてる時に照れくさそうに笑い合ってる。
平野紫耀
平野紫耀
はい、金曜の夕方に取りに来ます…
メッセージはこれでお願いしたいんですけど
帰りにケーキの予約をした。

メッセージプレート、
「げんき18才」「ゆうた就職」「二人の幸せ」
「おめでとう!!!」
って多くなっちゃった。



「好きだよ」
もう何年も前、大好きだった彼女を抱きしめて言ったのを思い出す。

その人に振られてから、離れてても繋がっていられるとか、変わらない気持ちとか、現実では無いような気になってた。

ジンと玄樹は今始まったばかりだけど、卒業して離れても長く続いてって欲しい。

人の恋愛に励まされようとしてるのも、どーかと思うけどね。