第36話

後藤×佐野
3,509
2022/07/30 17:17















オフの日の昼過ぎ、








特にすることも無く俺は威尊の部屋のベッドでゲームをしている。







その頃恋人の威尊は椅子に座りスマホに夢中になっている。








威尊がちらちらとこっちを見ていたことを俺は知らなかった。





















スマホに夢中だった威尊が急に席を外した。








どこ行くんだろ?









トイレとか食べ物取りに行ったとか








席を外す理由は沢山あるから







俺は特に気にせずゲームを続けた。










数分後、案外早めに戻ってきた威尊の片手には









棒状のバニラアイスがあった。








そう言えば最近アイス食べてないなぁ









なんて呑気なことを考えながら









威尊に1つお願いをしてみる。










佐野雄大
佐野雄大
威尊〜
後藤威尊
後藤威尊
ん?どしたん?
佐野雄大
佐野雄大
それバニラアイスやんな?
佐野雄大
佐野雄大
ね 、1口ちょーだい?





ベッドの前に立つ威尊に









ちょっと上目遣いで可愛くおねだりしてみた。









その時威尊の口角が少し上がったことに俺は気が付かなかった。









後藤威尊
後藤威尊
ええよ〜
後藤威尊
後藤威尊
はい 、あーん






自分で食べれるけどな〜








なんて思いながらも口を開けてアイスが運ばれてくるのを待つ。








やっと目の前に来たアイスを咥えると








甘いバニラの味が口いっぱいに広がった。







佐野雄大
佐野雄大
ん!おいし!
後藤威尊
後藤威尊
美味しい?♪
後藤威尊
後藤威尊
良かった良かった笑






1口かじりもぐもぐしている俺を目の前に









何故か威尊は食べようとしない。









食べないのかな 、?









なんて考えているとにっこにこでアイスを差し出す威尊。








佐野雄大
佐野雄大
後藤威尊
後藤威尊
もう一口
佐野雄大
佐野雄大
え?
後藤威尊
後藤威尊
はい 、あーん




まだくれるんだ 、笑







威尊は優しいなぁ







と感心しながらアイスをもう一度咥えると








手に持っているアイスを急に奥まで突っ込まれる。









佐野雄大
佐野雄大
 んぅン  ?!
佐野雄大
佐野雄大
 ん ッ 、んぐぅ ッ !









勢いよく突っ込まれたアイスに苦しさを感じるも








そんなのお構い無しに威尊はアイスを俺の口内で








出し入れしたり動かしたりしてくる。







佐野雄大
佐野雄大
 ん ッ 、んンン ッ 






アイスが少し溶けてきて口の周りがベタベタになる。







口からアイスが垂れてきたら







やっと口からアイスを抜いてくれた。









佐野雄大
佐野雄大
は ッ  ゲホゴホ …





過呼吸気味になり後ろのベッドに倒れ込むと








俺の足にまたがるようにして威尊が覆いかぶさってきた。







佐野雄大
佐野雄大
 た ッ  ける 、?




威尊は一瞬微笑みキスを落とした。






佐野雄大
佐野雄大
 んんぅ 、






まるで俺の唇を食べているみたいな熱いキス。








威尊の舌が割って入ってきて俺の舌を探している。






ほんのりバニラが残った甘いキスだった。






佐野雄大
佐野雄大
  は ッ 、うぅん ッ … //





威尊の手に握られたアイスはもうほぼ溶けてしまって、ぽたぽたとアイスが落ちている。








威尊は俺の服のボタンを外し胸元に溶けたアイスを塗った。










佐野雄大
佐野雄大
  ん 、! 






まだ冷たさが残っていることに驚く。







さすがに息がもたなくなってきた俺は








威尊の胸元を叩く。







意外とすんなりキスをやめてくれた。









佐野雄大
佐野雄大
  は ッ 、はぁはぁ … //
佐野雄大
佐野雄大
なぁ威尊 、ベタベタなんいやぁ
後藤威尊
後藤威尊
あ、拭わんで?
後藤威尊
後藤威尊
綺麗にしたげるから




威尊が口元についたアイスを舐めとる。





佐野雄大
佐野雄大
 んぅン 、






次に首のすぐ下辺り 、胸の間 、お腹を舐めてきた。




佐野雄大
佐野雄大
 ぁ 、んぅ … ふ ッ 、
後藤威尊
後藤威尊
雄大の体甘い 、笑
佐野雄大
佐野雄大
 … ぁッ ! //




胸を甘噛みされ呆気なく喘ぎ声を上げてしまう。






後藤威尊
後藤威尊
雄大のここめっちゃ勃ってるで?






そう言い服の上から触られる。







佐野雄大
佐野雄大
  んッ 、や ッ … あかん ッ  // 
佐野雄大
佐野雄大
  ふ ッ 、ンはァ ッ  //  





慣れた手つきでものを触られる。








いきそうになるのを必死で耐えるも、







体は正直に反応することしか知らない。








佐野雄大
佐野雄大
ぁッッ //
後藤威尊
後藤威尊
もうイったん?
後藤威尊
後藤威尊
服の上でイくとか変態やね笑
佐野雄大
佐野雄大
威尊に触られると感じちゃうんやもん 、//
後藤威尊
後藤威尊
ほんま 、なんでそんな可愛いこと言うん?//
後藤威尊
後藤威尊
ごめん、もう余裕ないで俺?






優しく口ずけされゆっくりと威尊のものが入ってくる。








佐野雄大
佐野雄大
 ぁ ッ ッ //
後藤威尊
後藤威尊
雄大力抜いて 、?
佐野雄大
佐野雄大
  ふぅう ッ … 
後藤威尊
後藤威尊
動くで?





一気に威尊の太いものが奥に入ってくる。




佐野雄大
佐野雄大
 ぅ" ッ … は ッ 、ぁ ッ // 




威尊に突かれるたびに体の中心がじんじんと熱くなっていくのが分かる。






佐野雄大
佐野雄大
 たけ ッ る 、// 
佐野雄大
佐野雄大
もっと激しいの ッ 欲しい 、ッ //
後藤威尊
後藤威尊
ほんま 、煽るよね //





さっきよりも激しくなり全身を快感が襲う。






あまりの気持ちよさにもはや理性など無い。








佐野雄大
佐野雄大
 ふ ッ 、はぁ ッ … た ッ ける //
佐野雄大
佐野雄大
 きもちい ッ たける ッ //
後藤威尊
後藤威尊
雄大 、俺もう無理かも ッ 
佐野雄大
佐野雄大
 俺も ッ //



身を寄せ合い俺達は絶頂を迎えた。






















あれから疲れてしまってベッドでぐったりと倒れ込んでしまった俺達。






後藤威尊
後藤威尊
ごめん雄大 、疲れたよね …笑
佐野雄大
佐野雄大
疲れたっていうか、びっくりしたけど笑
佐野雄大
佐野雄大
なんであんな急に?笑






正直威尊があんな急に仕掛けてくるのは珍しい。








昼間にやるタイプでも無い。







後藤威尊
後藤威尊
雄大は無自覚やからほんまに心配になるわ…
佐野雄大
佐野雄大
俺なんかした?





頭の上にハテナを浮かべつつ自分の行動を振り返るも、






やはり自分が何をしたのかさっぱり分からない。








後藤威尊
後藤威尊
ゲームしながら寝っ転がっとる時、
後藤威尊
後藤威尊
シャツの上のボタン2つも外れてたで?
佐野雄大
佐野雄大
ほんま?気づかんかった…
後藤威尊
後藤威尊
あと中なんも着てないやろ?
後藤威尊
後藤威尊
胸元と乳首ガッツリ見えたで?笑
佐野雄大
佐野雄大
え!もしかしてそれ…?




なんも気づかんかった。







てか乳首見えてたんむっちゃ恥ずい…






後藤威尊
後藤威尊
あとお腹もちらちら見えたし、
後藤威尊
後藤威尊
何よりアイス持ってきた時上目遣いでお願いしてきたんがいっちゃんやばかった…笑
後藤威尊
後藤威尊
あんなん耐えれる訳ないやろ、
佐野雄大
佐野雄大
あ 、…





そう言えばそんな事したなと自覚する。






あれは狙ってやったから自分が悪かった。







後藤威尊
後藤威尊
自覚あったんやな笑
佐野雄大
佐野雄大
あれは…ごめん 、笑
佐野雄大
佐野雄大
正直狙った笑
後藤威尊
後藤威尊
ほんまにやめてや、
後藤威尊
後藤威尊
自分がどんだけ可愛いか分かっとん?
佐野雄大
佐野雄大
…ごめん 、笑
後藤威尊
後藤威尊
次あんなことしたら今日の3倍激しくするからね?
佐野雄大
佐野雄大
分かった 、気をつける笑





なんて言ってるけど






内心もっと可愛くおねだりしてやろ、と






思っている俺はドMなのかな?笑





















end…

だいそんいい…




だいそん好きさん居ますか??

アンケート

だいそん好きさん!
はい
89%
他ケミ好き
11%
投票数: 345票

少なくとも私は大好きです笑




💗と⭐️お願いします🙇‍♀️

プリ小説オーディオドラマ