第35話

與那城×白岩
3,144
2022/07/28 00:22










女子生徒
與那城先生、好きです!
與那城奨
與那城奨
あぁ、えっと、…💦
女子生徒
付き合ってください!
與那城奨
與那城奨
えっと 、…ごめん、それは出来ない…






最近女子生徒に告白されることが増えている気がする。








多い時は1週間に2回ほど、







もっと多いかもしれない。







もちろん全て断っているが、





與那城奨
與那城奨
はぁ、…
與那城奨
與那城奨
あまりいい気しないな、…




告白するのに勇気が要るのは知っているが、






断るのも相当勇気が要るし、






何せ申し訳ない気持ちになる。






同じ生徒に10回ほど告白された時は





申し訳なさでいっぱいだった。








與那城奨
與那城奨
はぁ…
白岩瑠姫
白岩瑠姫
どうしたんですか?
白岩瑠姫
白岩瑠姫
気分悪そうですけど、
與那城奨
與那城奨
あぁ、白岩先生、なんでもないですよ笑
白岩瑠姫
白岩瑠姫
… お悩みですか?




俺の2個年下の白岩先生。








さらさらで綺麗な金色の髪に、









大きな瞳にスベスベな肌を備えた顔は、








まさに王子のようだ。








人間とは思えない。








白岩瑠姫
白岩瑠姫
あまり僕の顔をまじまじと見ないで頂けますか…?
與那城奨
與那城奨
あ、すみません笑
白岩瑠姫
白岩瑠姫
お悩みなら聞きますよ…?
白岩瑠姫
白岩瑠姫
ちょうど保健室に戻る途中だっので、







白岩先生は保健室の先生で、










甘い顔からは想像出来ないが、









少し毒舌気味だ。








與那城奨
與那城奨
じゃあお昼一緒に食べません?
白岩瑠姫
白岩瑠姫
お昼ですか?
與那城奨
與那城奨
ちょっとお弁当取ってきますね






















與那城奨
與那城奨
すいません、遅かったですか…?
白岩瑠姫
白岩瑠姫
大丈夫ですよ笑
與那城奨
與那城奨
良かったです笑
白岩瑠姫
白岩瑠姫
それでお悩みって、?
與那城奨
與那城奨
たぶん白岩先生もよくあると思うんですけど、
與那城奨
與那城奨
最近女子生徒から告白されることが多くて、ちょっと困ってるんですよ笑
白岩瑠姫
白岩瑠姫
俺もよくあります、笑
白岩瑠姫
白岩瑠姫
週5くらいですね、
與那城奨
與那城奨
え 、?





予想よりもはるかに多い回数で正直驚きを隠せない。







こんなんで困ってるって恥ずかしいな…







さすが白岩先生だ。








與那城奨
與那城奨
多すぎませんか?
白岩瑠姫
白岩瑠姫
そうですか?
白岩瑠姫
白岩瑠姫
もう慣れちゃいました、笑
與那城奨
與那城奨
やっぱ馴れですか、
白岩瑠姫
白岩瑠姫
自分が言うのもなんですが、時間が解決しますよ
與那城奨
與那城奨
断るのに罪悪感ありませんか?
白岩瑠姫
白岩瑠姫
初めはありましたよ?
白岩瑠姫
白岩瑠姫
でももう無いですね
白岩瑠姫
白岩瑠姫
年齢的にも高校生はダメですし、笑
與那城奨
與那城奨
そうですけど、
與那城奨
與那城奨
え、彼女さん居ないんですか?!
白岩瑠姫
白岩瑠姫
… 居ませんけど、






そういえばこんなイケメンに彼女が居ないわけない、






と思ったが案の定居ないことが分かった。






なぜ今まで気づかなかったのか、、








白岩瑠姫
白岩瑠姫
逆にご結婚されてないんですか?
與那城奨
與那城奨
お恥ずかしながら独身です、…
白岩瑠姫
白岩瑠姫
意外ですね、笑
與那城奨
與那城奨
バカにされてます?
白岩瑠姫
白岩瑠姫
違いますよ笑
白岩瑠姫
白岩瑠姫
年齢余り変わらないですし、自分も恥ずかしいの部類ですよ…笑
與那城奨
與那城奨
まぁ、そうですね…笑
與那城奨
與那城奨
て、もうこんな時間
與那城奨
與那城奨
僕授業の準備しなきゃなので
失礼しますね
白岩瑠姫
白岩瑠姫
そうなんですね 、すみません沢山話してしまって…
與那城奨
與那城奨
いえいえ!
與那城奨
與那城奨
相談のって頂きありがとうこざいました
與那城奨
與那城奨
また来ますね







白岩先生は俺よりも沢山告白されてるのに







慣れてるんだな、






自分の悩みなんてちっぽけなんだなと







思い知らされたお昼時間だった。























次の日











2時間目が終わったあたりから少し目眩がする、









心做しか頭痛もしてきた。








どうしようか…








でも少し寝れば治る気もする。










少しだけ休もうと思い保健室に向かった。














白岩瑠姫
白岩瑠姫
與那城先生?
白岩瑠姫
白岩瑠姫
どうされました?
與那城奨
與那城奨
すみません、
與那城奨
與那城奨
少し目眩と頭痛が…
白岩瑠姫
白岩瑠姫
大丈夫ですか?
與那城奨
與那城奨
少し休んでもいいでしょうか、
白岩瑠姫
白岩瑠姫
はい、…
與那城奨
與那城奨
ありがとうこざいます、























あれから数十分経っただろうか、








意識が朦朧としている中、









近くに人の気配がするのを感じる。









薄目を開けてみると、









すぐ近くに困り顔の白岩先生が居た。








これは夢か…?










手を伸ばしてみると白岩先生に触れることが出来た。









すごく鮮明な夢だなぁ…









夢なら、いいよね…?









俺は白岩先生の頭の後ろを掴んだまま








優しくキスをした。









すごい、ちゃんと感覚がある…







ん、え、これ本当に夢か?




















白岩瑠姫
白岩瑠姫
ち、ちょっと 、!




白岩先生に軽めに肩を押され







これが現実だということに初めて気がついた。





與那城奨
與那城奨
え、あ、俺何して…






目の前には顔を真っ赤にして口元を抑えている







白岩先生が居る。








與那城奨
與那城奨
夢じゃなかったのか…?
白岩瑠姫
白岩瑠姫
夢じゃないですよ!//
與那城奨
與那城奨
俺今白岩先生にキスしちゃいました…?
白岩瑠姫
白岩瑠姫
そんなハッキリ言わないで下さい… 
與那城奨
與那城奨
やっちゃった…
與那城奨
與那城奨
すみません白岩先生、…
與那城奨
與那城奨
て言うか、そんなに恥ずかしがる白岩先生初めて見ました…笑
白岩瑠姫
白岩瑠姫
バカにしてますよね?//
與那城奨
與那城奨
いや告白とか慣れてるって言ってたんでてっきりキスとかも慣れてるのかと、






ほんとにキスとかそういう事に慣れてると思っていたから







恥ずかしがってる白岩先生が新鮮で少し不思議だった。







白岩瑠姫
白岩瑠姫
好きな人にされたら恥ずかしいに決まってるじゃないですか 、!
與那城奨
與那城奨
へ 、?
白岩瑠姫
白岩瑠姫
あ 、
與那城奨
與那城奨
… それ 、ほんとに言ってる?







詰め寄って聞いてみると










満更でもなさそうに照れている白岩先生。











白岩瑠姫
白岩瑠姫
與那城先生いちいち近いですよ…//
與那城奨
與那城奨
目逸らさないで
與那城奨
與那城奨
俺の事好きってこと?
白岩瑠姫
白岩瑠姫
そんな事聞かないでくださいよ 、
白岩瑠姫
白岩瑠姫
恥ずかしい … //
白岩瑠姫
白岩瑠姫
てか俺は告白を断るのに罪悪感全く無いのは與那城先生好きだからで、別に慣れてないですし、
白岩瑠姫
白岩瑠姫
だからキスとかも全然しませんし慣れてないですよ、… //
白岩瑠姫
白岩瑠姫
なのに突然好きな人にされたら誰だって
與那城奨
與那城奨
白岩先生 、
白岩瑠姫
白岩瑠姫
はい 、?
與那城奨
與那城奨
なんでそんなに可愛いの 、… //
白岩瑠姫
白岩瑠姫
え 、は 、?!








白岩先生があまりにも可愛くて








気持ちを抑えれそうになかった俺は、









白岩先生をベッドに押し倒してしまった。










白岩瑠姫
白岩瑠姫
ちょっと、與那城先生 … 
白岩瑠姫
白岩瑠姫
この体制アウトですって 、… //
與那城奨
與那城奨
白岩先生が可愛すぎるのがいけないんだよ?
與那城奨
與那城奨
瑠姫 、俺が好き?
白岩瑠姫
白岩瑠姫
… 好き 、ですけど 、//
與那城奨
與那城奨
俺も瑠姫が好きだよ?
白岩瑠姫
白岩瑠姫
え 、? //
白岩瑠姫
白岩瑠姫
  ん 、!  






さっきとは違い噛み付くような熱いキスを落とす。







白岩瑠姫
白岩瑠姫
    ふ ッ  …  ん 、…   //







舌を入れ上顎をなぞると







口の隙間から声を漏らし、







腰を浮かす白岩先生。









白岩瑠姫
白岩瑠姫
   は ッ …   ふぁ 、//  
白岩瑠姫
白岩瑠姫
  よな ッ 、せんせ  ッ … //  







酸素が無く苦しくなってきたのか







俺を軽く叩き悶えている。







與那城奨
與那城奨
 まだダメ 、






離れようとする白岩先生の後頭部をガッチリ掴み







キスを続けた。











白岩瑠姫
白岩瑠姫
  ふぅ …  ん ッ  //  
白岩瑠姫
白岩瑠姫
 よな 、せんせ  ッ  
白岩瑠姫
白岩瑠姫
 も ッ  ダメ 、…  //






そろそろ苦しさも限界のようだったので








唇を離す。








誰のものか分からない銀色の糸が俺達を繋いでいる。








白岩瑠姫
白岩瑠姫
 は ッ  、はぁはぁ …  //







少し過呼吸気味に息を整えてる白岩先生を見て








やり過ぎてしまったかと反省するも、








息が荒く涙目になった白岩先生はこれまで見たことがないくらい可愛かった。









與那城奨
與那城奨
涙目になってる 、可愛い 
白岩瑠姫
白岩瑠姫
與那城先生のせいですからね 、! //
白岩瑠姫
白岩瑠姫
見ないでください 、





ぷいっとそっぽを向いてしまった白岩先生の顎を持ち、






こちらに振り向かせる。









與那城奨
與那城奨
隠すなんて勿体ない 、
與那城奨
與那城奨
狂いそうなくらい可愛いのに 、





親指で涙を拭ってあげると







驚いた表情をしてまた顔を真っ赤にする。









白岩瑠姫
白岩瑠姫
そうやって 、俺をからかうの 、やめてくださいよ … //
白岩瑠姫
白岩瑠姫
本当に心臓に悪い 、… //
與那城奨
與那城奨
今ドキドキしてるの ?
白岩瑠姫
白岩瑠姫
してますよそりゃ 、!
白岩瑠姫
白岩瑠姫
俺結構與那城先生のこと好きなんですよ?!
白岩瑠姫
白岩瑠姫
そろそろ自覚してください 、… //







本当にこれが現実なのかと何回も疑ってしまう。







好きな人がこんなにも俺を好きでいてくれたなんて、






俺は白岩先生を抱きしめた。








白岩瑠姫
白岩瑠姫
わっ、 なんですか?
與那城奨
與那城奨
… 今すごい幸せ 、
白岩瑠姫
白岩瑠姫
俺も 、です … //
與那城奨
與那城奨
ねぇ 、
與那城奨
與那城奨
俺の恋人になってくれる 、?
白岩瑠姫
白岩瑠姫
 、!
白岩瑠姫
白岩瑠姫
もちろん 、!






一瞬離れ軽いキスを交わす。







白岩瑠姫
白岩瑠姫
  ん 、…  
與那城奨
與那城奨
何物足りなそうな顔してるの?笑
白岩瑠姫
白岩瑠姫
ち、違います !
與那城奨
與那城奨
しょうがないな 、
與那城奨
與那城奨
続きは放課後ね?笑
白岩瑠姫
白岩瑠姫
は 、続きって … 
與那城奨
與那城奨
キスの先 … とか?笑
白岩瑠姫
白岩瑠姫
ちょっと!//
白岩瑠姫
白岩瑠姫
與那城先生ってほんとらからかい癖ありますよね 、!//
與那城奨
與那城奨
好きな子には意地悪したくなっちゃうんだよね … 笑
白岩瑠姫
白岩瑠姫
、!? //
白岩瑠姫
白岩瑠姫
もういいです!//
白岩瑠姫
白岩瑠姫
仕事に戻ってください!
與那城奨
與那城奨
ごめんごめん笑
與那城奨
與那城奨
じゃまた後で … 笑









この後めちゃくちゃ鳴かせたってことは、









言うまでもないだろう。























end…






よなるき愛しすぎてる 、…









なんか書いてる方少なくないですか?🥹








書いてる方知ってる人居れば教えてください🙏









よなるき好き勢いますかね?







次もよなるきかも知れません、






ごめんなさい💦

プリ小説オーディオドラマ