無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第56話

屋上
あなた
あなた
はぁ………。
あなた
あなた
人はみんな死んでいくんだ。
どうせ死ぬ。
私なんて死ねばよかったんだ。
あなた
あなた
生きてる意味なんて
なかったんだ。
あなた
あなた
みんな,
さようなら………。
あなたは1人
暗闇へと落ちていった…。
誰も見ていない
星空の下で。
その頃楽屋では………。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ピコン‼︎
永瀬廉
永瀬廉
LINEや。
永瀬廉
永瀬廉
(あなたからかよ)
永瀬廉
永瀬廉
はぁ。開いてみっか。
廉へ。
このLINEを見ているってことは,
私は死んだってことだね。
一番最初に出会った時,
一目惚れしたよ。
こんな顔面国宝どこにいる⁇って
告られた時心の底から嬉しかったよ!
今でも大好きです大好きです❤︎"
私の彼氏でもあり
私の永遠の推しでもあります!
そんな廉に裏切られて,
とても悲しかった………。
悔しかった。怒りもあった。
やったのは、私じゃない‼︎
マネだから!
そこは忘れないで。


『絶対裏切らない』


その言葉を信じてたのに。
あなたは裏切った。
もう嫌だ。
死にたい。
そう思い始めた。
だから死んだ。
また会う時まで………。
永瀬廉
永瀬廉
………ッ‼︎
永瀬廉
永瀬廉
なんや…これ………。
廉は楽屋を飛び出した。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
♡×20