無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第32話

あなたside
トイレに行って,何されるかと思ったら
なんか,殴られてた。
蹴られてた。
正直言って,痛かった。
こんなんだったら,死にたかった。
でも心晴がトイレから出た時人影が見えた
神だった。
神宮寺勇太
神宮寺勇太
おんぶしてやっから。
あなた
あなた
うん。
神宮寺勇太
神宮寺勇太
あなた…
あなた
あなた
なに?
神宮寺勇太
神宮寺勇太
こんなこと言っても、許してもらえないかもだけど、
神宮寺勇太
神宮寺勇太
今まで、本当にごめんなさい!
神宮寺勇太
神宮寺勇太
俺、心晴に騙されてた。
神宮寺勇太
神宮寺勇太
やっぱり、最初からあなたを信じてた方が良かったんだな。
あなた
あなた
もういいよ。
あなた
あなた
私は、神の事信じてたから。
あなた
あなた
神も、私のこと信じてくれてると思ってたから。
あなた
あなた
これからは裏切らないでね!
神宮寺勇太
神宮寺勇太
うん。本当にごめん
あなた
あなた
もういいって!
神宮寺勇太
神宮寺勇太
これからは、俺もあなたの味方だから!
あなた
あなた
やった!味方が増えた〜
神宮寺勇太
神宮寺勇太
誰が味方?
あなた
あなた
廉と、海ちゃんと、神とマネと、あとJUMPの皆!
神宮寺勇太
神宮寺勇太
意外と多いね
あなた
あなた
たしかに
神宮寺勇太
神宮寺勇太
楽屋ついたよ
あなた
あなた
ありがとね!
神宮寺勇太
神宮寺勇太
いえいえ