無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
816
2020/05/29

第5話

女誑しな君が好きみたいです
あなた

こらぁ!!また女の子と遊んでたの!?

ut
あぁん。いじめないであなたチャン
と気持ち悪いのが私の同僚の鬱島 大。根はいい奴なのに、女誑しで"ど"を超えるクズ
ut
今回は遊んでたんちゃうよ。勝手に付いてきたんやもん
あなた

追い払え、それか殺せ

「あなたちゃん怖い〜っいて、あん♡」
『まじで吊るすよ?大先生』

なんてバカバカしい会話をしながらパソコンをカタカタと動かし書類を終わらしていく
ut
あなたちゃんん…書類終わらへん…
あなた

昨日の分も残ってるもんね

ut
ぐはっ……痛いとこつかんといて!?
となんやかんやこいつは面白いから、好きだ
あなた

あはは…まあ手伝ったるよ

ut
あなたちゃん…!!!!!
と抱きついてくる
やっぱこいつ殺す
と大先生を軽く殴る
あなた

てか、なんでこんな残したの…それやからま〜た上司に怒られんねんで?

ut
…ん〜あなたちゃんと一緒に書類したいからかな
あなた

言い訳を作るんじゃない!!

大先生らしいなあ…と呆れ笑う
ut
えぇ、これはほんまやのに
あなた

まぁ、とりあえず書類終わらせて飲みに行こよ〜

ut
じゃ〜お礼で奢るわ!
と約束を作り私たちは順々に書類を終わらして行った。
21:14…か。早いな
あなた

ふぅ…お疲れ大先生ー

ut
ありがとうほんまに!!!奢るわな!
とカードを通し会社を出る。私たちは居酒屋へとむかった
あなた

そいや、今の彼女さんどうなん?

ut
別れたよー
あなた

えぇぇ、、合わんかったみたいな?

ut
いや、なんか貢いでくれるから置いてただけ。てか付きおうてへん…
なんだよそれ、と笑うとこんな話すんの多分あいつらかあなたちゃんくらいやでと大先生も笑う

大先生とは幼なじみなのだがこういう所はかわらない。
ut
ん。取り敢えず生2つで
店員
かしこまりました
あなた

結構いい雰囲気の居酒屋だね

ut
んー?僕のおすすめ
大先生の割には綺麗なお店
普段行くのは安いのが多めだがこのお店は100円50円ほどお高い…奢ってくれる言ってたけど申し訳ないから割り勘にしよっと
店員
生2つですー
と目の前に置かれ乾杯する
あなた

ゴク…ん。うまぁ!

ut
やっぱここの生うまいわあ
と2杯…3杯と飲み続けているとだんだん愚痴へと変わっていく
ut
聞いてよぉ…あなたちゃん…グズッ
あなた

なぁにぃ?

これがよくある
酔ったら泣くタイプと甘えるタイプだ(作者より)
ut
あんなぁ…俺二股とかしとらへんのにな…ズズッ…毎回打たれるねん…グスッ
あなた

えぇ、大ちゃん可愛そうねえ…慰める〜

あなたは大先生の頭を撫でる
ut
グスッ…ウゥ…あなたちゃぁん!
ぽあぽあしてきて頭がおかしい。そして私はまぶたを閉じる
ut
店員さん…会計…
ut視点

と先に俺は水を貰って酒が少し引く、あなたはまだ寝ているのでおぶる
ut
かる…
あなたんちより俺の家の方が近いねんな………まあいける…か。

と俺は自分の家にいきあなたをベットに寝かせる。
生憎部屋が今汚いためソファーが使えない。
と言っても女の子と寝るのもどうかと……とあなたが寝ているベットの前でくるくるまわる
あなた

大…ちゃ、一緒に寝よ…

ut
……俺責めんといてや…?
と俺は布団に入る。まぶたが閉じる



あなた視点
この柔軟剤の匂い大先生の家かあ
頭いったあ…水のも、
と布団から出るため起き上がろうとすると
体に重みを感じる横を見ると私に抱きついている大先生

まぁ家泊めてもら………うん。服きてる。、よし
もう少しこのままでいっか…
あなた

ぐっすりだね、大ちゃん

と昔よく呼んでいた呼び方で呼ぶと大先生がくすすと笑う
あなた

起きてたの!?

ut
んふふw…起きてたよ〜おはよあなた
あなた

はぁ…おはよ…大ちゃん

と大先生と笑い合う

__どうやら私は、女誑しな君が好きみたいです