無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

419
2020/05/17

第4話

4
チュンチュンチュン

すずめの声で起きた朝

いつもは隣でまだ寝てるはずの智くん

けど今日は違った

隣には智くんの姿はなかった

もう起きたのかと思いリビングへ行くと机の上に

1枚の手紙があった



あなたへ

今日も帰り遅くなる

飯はいらない



もう仕事に行ってしまったようだ

そして今日もいらないと言われた

夜ご飯…

智くんと付き合えて、同棲し始めて。

私は幸せになりすぎちゃったのかな?

だから神様が怒っちゃったのかな?





すれ違ってばかりの私たち

誰に相談できるわけじゃない

だって私友達すらいない

実家がある山形から東京に来て智くんと同棲し始

めた。

買い物行くにも1人

遊びに行きたくても友達がいなかった

だから…











今回も相談できる人がいない











それから毎日のように智くんは私が朝起きた時にはいなくて、夜は10時くらいに帰ってくる

話しかけようとすると「疲れてる」「話しかけないで」

もう1ヶ月もだよ?

皆なら耐えられますか?

私はそろそろ限界かな?

なんのために同棲してるのかわかんなくなっちゃって。

顔を合わせるのは夜に数秒

会話はもちろんない

ご飯は一人で

土日の時も智くんはどこかへ出かけてしまう

帰ってくる度に香水の匂い









智くん。

私わかったよ

私以外に好きな子出来たんだね?

もうはっきり言っていいよ?

別れたいってね